ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ネットはフラットだからこそ、良いモノが生まれる一方で大炎上する

同窓会のモヤモヤ感

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

 "同窓会"って面白い仕組みだと思いませんか。

5年、10年経っていても、当時のそれに戻ることができる。

懐かしい気持ちになったり、素敵なあの子に出会えたり。

 

そうは言っても良いことばかりじゃない。

当時の上下関係、当時の序列がいつの間にかできあがっている。

成長するにつれて、うまく棲み分けができていた人間関係がリセットされる。

 

今のポジション、今の環境は関係なく、その当時の関係に戻される。

同窓会ってモヤモヤするんですよ。

 

 

ネットツールは広く平等

インターネットが世の中に広まって何年くらい経ったでしょうか。

黎明期のネットは、オタッキーな人ばかりでした。

パソコンに詳しい人、マニアックな人。

そういう人がネット上で活躍していましたね。

 

いつの間にか、家庭にブロードバンドが普及し、スマートフォンが普及し。

今では多くの"普通"の人が、インターネットを利用しています。

同じようなスマホを持ち、同じようなツールを使う。

ツイッター、フェイスブック、LINE。

 

女子高生でも、政治家でも、同じように使っているのだ。

 

 

老若男女が入り交じる

そんなネット文化の発達で、老若男女が入り交じる。

今まで出会わなかった人と、ネットを通じて知り合える、交流できる。

 

遠くの人とも、年齢が離れている人とも。

ネットのお陰で、仲良くするキッカケが大幅に増えた。

 

 

良いモノが生まれる

普段、出会わない人と交流できることで、新しい何かが生まれる。

今までの枠を超えた付き合いから、次の一歩が生まれる。

そういった環境は、ネットが与えてくれた素敵なモノだと思います。

 

 

火花バチバチにもなる

さて、逆にそれが足枷になることもある。

 

サラリーマンはクソだ! みたいなことを言う学生がいるとしても。

リアルな世界では、サラリーマンと学生が近い距離で知り合うことは少ない。

起業家はクソだ! という人と、起業家は近い距離にいない。

※例えばの話です

 

そういう思考の違い、環境の違いは、うまく棲み分けられている。

ドトールコーヒー、スターバックスコーヒー、銀座ルノアール。

どこもコーヒーを提供しているお店だが、客層が違う。

 

立地条件、価格帯、店内の雰囲気。

そういったもので、上手く棲み分けができている。

 

ネットだと、それがごちゃまぜになるからこそ、普段なじみの無い人と出会う。

めんどくさいコトを言っている、舐めたことを言っている。

なーんて思いながら、火花バチバチになるのです。

 

 

そのチャンスを活かすしかない

良い面も、悪い面もあるネットでの付き合い、出会い、交流。

それを活かせるようにならないと、あぁもったいないな。

 

普段出会えない人も中にはいる。

僕はデザイナーさんと知り合うことができた。

別に専門学校に行ったわけでも、特別なスキルがあるわけでもない。

ただ、デザインが好きなだけ。

 

普段の生活、リアルな付き合いだと、そういう人に出会うことは無い。

が、ネットを通じて、そういう人の考えに触れあうことができた。

考えを知ることができて、どこで何を勉強したらいいか、素敵な催し物を教えてもらったり。

 

やりたなぁと思ったことができるようになった。

 

 

プラスになる関係に

せっかくだから、いろんな人の意見があるんだなぁと思いながら。

取捨選択をしながら穏やかにしていきたいもの。

 

その人の意見は、その人の意見として上手く受け止めたい。

炎上しそうな気分のときもあるけど、つまみ食いしながらバランスを取っていこう。

 

f:id:acogale:20161228103200j:plain

 

デブになった茹でガエル、スーツを買う

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

7~8年前、ホテルのレストランで働いていました。

 

レストランで提供していた食事。

その食事に対するシェフの気遣い。

素材の味を引き出す術。

 

「食」の場所で働いていた為か、食べることが大好きで。

できれば、色々な味を試してみたい、味わってみたい。

そう思うわけです。

 

仕事や趣味に没頭し、食事を忘れとった。

なんてことはありません。

ご飯を食べることが僕の基準になっています。

 

僕自身のバロメーターも食事です。

何も考えず、同じメニューを続けて食べルことがあります。

カツカレーを食べた日に、とんかつを食べたり。

そうなると絶好調じゃないなぁと、自分で気付きます。

 

とにかく食べることが好きなので、思うままに食べていたらデブになりました。

 

「若干スーツがキツいな」

と思いながら、ベルトの穴が一つ、二つと外にずれていく。

あぁ、そろそろヤバいと思ったところで、スーツを買いに行ったわけです。

 

もともとスリムではないので、AB6のスーツを買っていたんですが。

一回り成長し、BB6に。

本当にデブになりましたね。

 

美味しいモノを食べているときは気付かないんですよ。

自分が少しずつ成長していることに。

 

あるとき、あれ??? ちょっと窮屈だぞ??

そう気付いてしまったら、テンションは下がる一方で。

 

 

新しいスーツ、ちょうど良いサイズ。

こんなに快適だったのかと。

 

振り返ってみれば、以前のスーツはスキニージーンズみたいになってましたね。

キレイにフィットしていました。

ピチピチだったのが、ノーマルになり足が解放された印象です。

 

茹でガエルのように、じわじわ成長すると気付かないものです。

ちょっとしんどいかな。程度には感じるものの、最初の状態を思い出せない。

 

新調したところで楽ちんさ、本来の姿に気付くわけです。

最近、足がt浮かれるのは、こういった理由があったのかな。

なーんて思いながら、このままじゃマズいと思う今日この頃でした。

 

 

デブからの脱却を謀るには、食べる量を減らすか、消費する量を増やすか。

どちらかを早々に選択し、実行しなければなりません。

併用できれば一番なのでしょう。

 

いつの間にか、気付いたら、そういう事象が多すぎる。

普段から定量的に記録していれば、もっと手前で気付いたのでよう。

毎日体重計に乗るとか、ご飯の量をコントロールするとか。

 

何も気にせずに生きてきた結果が、デブになったことなのであります。

そうは言っても食べるのはやめられない。

バーベキューも楽しいし、会食も楽しい。

 

それなら、消費するほうを増やすしかない。

これからどうしていこうかと。

思いながらも、茹でガエルにならないように、まずは記録することを。

これからの自分を記録しながら、軌道修正したいものです。

 

 

f:id:acogale:20160903232217j:plain

言わないと始まらない、発表しないと誰も分かってくれない

こんにちは、スズキです。

このブログ以外に、ワードプレスでブログを書いています。

他にもブログがあるってことです。

 

ワードプレスという仕組み、世界中で使われている仕組みなんですね。

それも無料で公開されているので、各国各地の敏腕エンジニアがいろんな情報を提供してくれています。

 

また各地にコミュニティがあり、お互いに情報交換をしたり、勉強会をしています。

名古屋でも月1回、Word Bench Nagoyaという名前で交流会が開催されています。

 

 

その中で、「ワードプレスと私」のようなテーマで、5分程度で発表する時間をもらいました。

そのWord Bench Nagoyaには、4回目の参加で顔馴染みの人ができたかなぁというところです。

 

 

サーバーの話を

ちょうど、その日の大きなテーマが、VPSやクラウドといった話。

内容としてはマニアックな部類だと思います。

ということで、自分自身が使っているサーバーの話を。

 

僕は、エクスクラウドというVPSと、さくらクラウドの中にあるいくつかの機能を使ってもう一つのブログを運用しています。

昔からインターネットや、サーバーといったものが好きだったので、ちょっとマニアックな構成です。

 

それを基に「今はこんな構成でブログ書いているんですわ」と説明をしました。

内容としては自己紹介の詳しい版です。

 

 

色々な人に声をかけてもらえるように。

エンジニア、webデザイナー、その界隈にいる人たちが集まる場所。

マニアックな要素もうまく汲み取っていただけた。

 

実際に使ってみてどうだった?? と声を掛けてもらったり。

その機能の使い方、ちょっと教えてよ。 と質問されたり。

 

僕がとりあえずでも話をしたことで、新しい"何か"が生まれてきた。

それは、ずっと疑問だったものが、表面的になったもの。

興味があったけど、手を出さなかったもの。

そういった事象を引っ張り出せたということだ。

 

 

また、僕自身も話をしてみて、うまく話ができたところと、全くできなかったところ。

予定通りだったところと、失敗した、しまった。と思ったところがあった。

常日頃から練習しておけば。

多くの人の前で話す練習をしていたら、うまく乗り切れたのかもしれない。

 

 

新しい気づきが僕自身にあったことは、いいチャンスだった。

でも、もっといいチャンスに、もっとハイレベルなものと結び付けることができたかも。

僕自身が準備して、いつ、何を言われても大丈夫な準備を。

誰かに言われるでもなく、そういう発表の場が事前に決まっているのでもなく。

 

突然やってくるチャンスを掴むことができるだけの準備を。

物事がうまくいかない。

偶然のチャンスをいかすことができない。

 

そういったことを含めてちゃんと準備をしないと、チャンスというものは目の前を通りすぎていくのだ。

 

 f:id:acogale:20170409212407j:image

電車内で飲食をするな。マナーではなくルールだ。

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

僕は名古屋に住んでいるので、名古屋の市バス、地下鉄をよく使います。

 

電車のマナー

電車内でのマナーについて、議論されることがしばしばあります。

弁当を食べたり、化粧をしたり、優先席に座ったり。

 

その中での飲食について。

電車内での飲食は禁止です。

マナーではなくルールですから。

※一部事業社に限ります

 

 

常識の範囲?

僕の中では、個人的には常識の範囲内かなぁと思っていました。

例えばペットボトルのお茶を飲むとか。

朝の満員電車でなければ、座席が広く空いていればいいじゃないか。

と思っていました。

 

匂いのキツいモノとか、汚れやすいものとか

そういった気遣いはあるものの、まぁまぁいいんじゃないの??

と思うわけです。

 

ネットの意見を見てみると。

進行方向に向かって座れる席があるならOKだ。とか、駅で弁当が売っていればOKだ。とか。

 

個々に色々な考えがあると思うんですが、よく言われたのは「マナー」「気遣い」でした。

 

 

調べてみると違う。

やたらと飲食禁止、飲食禁止という車掌さんがいたので聞いてみました。

 

回答としては「マナーじゃなくてルールだから」とのこと。

 

名古屋市営地下鉄の場合はこちらでした。

高速電車乗車料条例施行規程

第5条 乗客は、駅構内又は車内において次の行為をしてはならない。

そこに書いてあるのはこちら

 (4) 指定場所以外で飲食若しくは喫煙をなし、又はたん、つばをはくこと。

 

名古屋市営地下鉄の場合、指定場所以外では飲食禁止です。

飲食禁止という決まりだから、マナーでも気遣いでもなく、ダメなものはダメということ。

 

 

もっとわかりやすく札幌市の場合。

札幌市交通事業電車乗車規程

第7条 乗客は、次の行為をしてはならない。

(7) 飲食又は喫煙をすること。

と書いてある。

 

指定場所でも、なんでもなく、乗客は飲食禁止とのこと。

あとは、

(6) 乗降口のドア若しくは窓ガラスに寄りかかり、又は座席に横たわること。
(12) 大声をあげ、又は騒ぐこと。

もダメらしい。

 

決まりです! ルールです! と言われたらそれまでですね。

 

 

事業者によって違う

もちろんルールや決まりは鉄道事業者によって違う。

新幹線が飲食禁止だ!! と言われたら、車内やホームで駅弁売るなよ!! と言いたい。

 

どうして、地下鉄車内で飲食禁止なのか。

ルール、決まりを制定した背景は色々あるだろうけど今のところは決まっているのでそれに従うしかない。

 

事業者も鬼ではないだろうから、ペットボトルのお茶を飲んだくらいで乗車拒否をされることはないと感じている。

が、車掌さん、運転手さん、駅員さんのいうことに反発したりするなら、面倒なことになりそうだ。

 

勘違い、知らなかったということは、誰にでもあるだろう。

だからこそ、言われたことを素直に聞けるようになりたいもの。

 

電車内の飲食禁止は、マナーではなくルールだから。

 f:id:acogale:20170408145824j:image

インターネットを始めた15の夜から16年が経った。今でも思い出す友人の名前。

 こんにちは、スズキです。

 

新しくHDDを購入したので、パソコンのデータを整理していました。

過去の写真、メール、資料。

どっさりと残っていました。

 

中学生のころのデータもたくさんあったりで。

もう16年も経ってしまったんですね。

 

16年経ったとしても、記憶に残っている人が何人もいます。

 

インターネットがまだ普及していない時代。

買ってもらったパソコンはウインドウズ98でした。

モデムボードというのを取り付けて、ピーガラガラガラとインターネットをしていました。

 

今では名前も変わってしまったDIONというプロバイダを契約し、メル友作りに勤しんでいました。

昼間の時間は、基本使用料無料、接続料も無料のフリージャパンというプロバイダを使いながら。

もちろん、アクセスポイントまでの料金はかかりましたけど。

市内だったので3分10円でしたね(当時)。

 

56kbsという今では考えられないほど遅い回線速度でネットをしていました。

あるときはIDO(今のau)の携帯電話を繋ぎ、パケット通信をしていたこともあります。

メッセンジャーアプリだけだったので、通信容量が少なくパケ死することもなかったですね。

 

 

そんな時代でしたが、地元エリアにはケーブルテレビが引かれ、ようやくブロードバンドデビュー。

それでも10Mbpsのベストエフォートでしたね。

 

ケーブルテレビが繋がってからは、パソコンが僕の友達になったわけです。

パソコンの向こう側には、会ったこともないけど、仲良くしてくれた仲間が何人もいました。

 

Yahoo!チャットで歌ってみたり、MSNメッセンジャーでカメラ配信してみたり。

それなりに楽しい時代だったと思っています。

 

そんなことを考えていると、何人か思い浮かぶ名前の人がいるんですね。

10年以上も前のこと。

当時は中学生や高校生だった仲間も、もういい年齢になっていることでしょう。

 

会ったこともないけれど、名前や当時の顔、様子を覚えている。

僕にとっては大事な時期だったんだと思います。

 

今ほどネットが普及していない時代。

今ほど当たり前のようにインターネットが無い時代。

 

ちょっと後ろめたさもありながら、そういう仲間と付き合っていました。

今よりも、うんとハードルが高かった。

だからこそ、僕の思いでに深く刻まれているのでしょうか。

 

思い出しただけで30人ほどいるチャット仲間。

今も元気に過ごしていることを期待して。

 

16年も前のメールアドレス。

送ったら返事がくるんでしょうか。

そっと心に閉まっておくのも粋なのかもしれません。

f:id:acogale:20170130231443j:plain