ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

「このくらいでいいかな」と思っていたことが、僕の中で足を引っ張っていたようだ

完璧を求めすぎないこと。 とりあえずやっちゃえ!で大丈夫だから。 そんな優しい言葉をかけられてきた。「打席にどれだけ立つか」が重要で、練習ばかりしていたところで打席に立たなかったら意味が無い。 とりあえず、とりあえずで、好き勝手やってきた。そ…

ピンチはチャンスだと感じられるとき、頭がフル回転し始める

ピンチはチャンス その言葉を全く意識していなかったけれど、最近になって「ピンチってチャンスだよな」と思うようになった。 このままだとヤバいかもしれない、目標に未達だったり、リソースが不足したり。 という未来が見えているとき。 選択肢は3つ 1.見…

チャンスの種は自分で蒔いていかなきゃいけない、その第一歩は外向きに発信すること

自分の好きなコト、得意なコト、他の人よりちょっとだけ知識があること。 そういったものがあるなら、とにかく発信しなきゃ拾い上げてもらえない。 全員が全員、拾ってもらえるわけじゃないけれど、そもそも見つけてもらえない。 特にブロガーで多いのは「ブ…

目指すものは何か、それを具体的に決めないと良いアドバイスはもらえない

ピアノがうまくなりたい。 そんな思いがあるとする。 その"うまく"はどれくらいなんだろうか。 世界で通用するレベルなのか、忘年会の出し物で演奏する程度なのか。 ゴールまでの期間もあるだろうし、毎日練習ができる時間も限られる。そこに投資する予算も…

僕が会社員を辞めない3つの理由は「目の前の収入・スケールメリット・筋トレ」

屋号を掲げて、幾分か収入を得られるようになった。 ずいぶん昔、1年ほどフリーランスで働いていた。 フリーランスという働き方、会社員という働き方。 最近、よく言われるのは「いつになったら会社を辞めるの」 早く独立しようぜ。という意味だろう。 当分…

嫌いじゃないものに囲まれる、好きなものに囲まれる

嫌いじゃないものに囲まれている。 だからといって、それは好きなものでもない。 どこかしらで、冷ややかな目で見ている。多少は近付こうとしてみるけれど、そこまで思い入れがないだけに。 ただただ傍観しているだけ。 好きなものに囲まれるのは嬉しい。 楽…

話をする練習に付き合ってもらった話

自分の新しい売り方を考えていた。 好きなこと、得意なこと、嫌じゃないことを、どうやってお金に換えていけるか。 ノートにいろいろと書きながら、自分の中で一旦まとまったのだ。 それを話してみるとどうか。 書いただけじゃ、何も話せない。当たり前で当…

身の回りのものにこだわること、定番のそれを買い続けること

ファッションには興味がない。 おおよそどれでもいいと思っている。 どれでもいいということは、どれでもよくない。なんて話を聞いたことがある。 デートで「何が食べたい?」の返答に「何でもいいよ!!」なんて言われることがあるが、あれは一番信じてはい…

みんな意外とできるヤツだから、ちゃんと情報をまとめておいたほうがいい

当たり前のことができる人、当たり前のことができない人。 世の中にはいろんな人がいる。 それぞれが注意する箇所が違うので、お互いにうまくいっているような気がする。 「遅刻しない」ことが当たり前の人もいれば、「遅刻する」ことが当たり前の人もいる。…

先手必勝だから、第一声でイニシアチブをとっておきたい

先手必勝。 あなたに作戦がないのであれば、世の中は先手必勝だ。 後から出てくるそれは、言い訳や真似としか受け取れなくなってしまう。 初めましての人が集まる場で、第一声を掛けられるかどうか。 それで場の流れは変わってしまう。 「みなさん、どこから…

「それは無理だよ」と思った瞬間、思考停止しているな、と感じた

20歳の学生が言った。 「フリーランスの人がやれば早いですよね」 確かにフリーランスが、というより小さなチームでやれば早いかもしれない。 でも、フリーランスに発注しない会社もある。 取引前審査がある会社だってある。一部上場なのか、有利子負債はど…

ブログの話

ブログの話。 Googleのアップデート云々に限らず、アクセス数が如実に変化するのは避けられない。 全力のときと、そうでないときでは、明らかにレスポンスが違う。 パワーを出し惜しみしていたら、PVが昨年の4分の1程度になってしまった。これはまずい。 改…

現地集合、現地解散を尊重してくれる

これは必然なのかもしれないけれど。 大阪の友人と名古屋の友人と、東京で待ち合わせをすることになった。 お互いに自宅を出発し、東京駅で待ち合わせをする。 大阪、つまり新大阪駅を出発した友人氏は新幹線に乗り、東京駅を目指す。 名古屋の友人は、名古…

アクセル全開でやるから、ちょうどいいところが見つかるんだよ

疲れた心に染みるのは、占いだと思う。 4つに分けた血液型占いや、12こに分けた星座占い。 当たるも八卦当たらぬも八卦なので、気分的にも楽ちんだ。 最大公約数的な書き方をしてあるので、なんとなく「そうだそうだ!」なんて思わせてくれるのも面白いとこ…

「好き」から遠ざかる努力をしたほうがいい、なんて思った日

「好きなこと」だけして生きていく。 心屋仁之助さんの本だ。読んだことはまだない。 「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める 作者: 心屋仁之助 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2015/02/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブ…

ポルノグラフィティのミュージックアワーをじっくりと感じていたい

YouTubeの関連動画に出てきたのはポルノグラフィティの「ミュージックアワー」 2000年にリリースされた3作目のシングルだ。ポカリスエットのCMソングにも使われていて、当時から記憶にある音楽。 ノリの良さがあり、自然とテンションが上がってくるのは、さ…

人間関係を損得で見るようになってしまったようだ

どれだけか素直になってきた自分がいる。 慣習や決まりに縛られていた自分は、ずいぶん後ろの方で立ち止まってしまった。 家族という存在。かけがえのない大事な仲間だと思うし、切っても切れない関係だとも思っている。 だけど、積極的に付き合いたいか、と…

本人は意識していないかもしれないけれど、めちゃめちゃ勇気をもらっている

6月も終わる、ということは1年の半分が終わる。 いろんな節目に、過去を振り返ってあれこれ考えよう。なんて思うようになったのは、随分と歳を重ねてしまったからだろう。 誰かと約束をして会うようになってから、行きたいイベントのチケットを買うようにな…

初心に戻るきっかけをもらった

「初心忘るべからず」という言葉は、頭の中にいるけれど。 それをどこまで引っ張り出せるかは、その時の気分によるだろう。 インターネットのお友達と過去を振り返ることがあった。 いつ頃出合って、当時はあんなことを考えていたね。 その時々の写真を見た…

嘘をつかないこと、恥ずかしいことはしないこと

インターネットの世界と、現実の世界が、ちょっとずつ繋がってきた。 ネットとリアルの世界を、うまく結びつけるにはどうしたらいいのか。 今までは、別物として感じていたので、それがごちゃまぜになるのは抵抗があるのだけど。あれこれやっていくとすれば…

運転免許を取得するのに30万円かかる

僕が免許を取得したのは随分と前のこと。 何度か免許更新をして、今はゴールド免許になった。 仕事をしながらの免許取得、サービス業で勤務時間帯もまちまちだったから。なんとか免許が取れたんだと思っている。 とにかく時間も無かったので、いろんなオプシ…

献本と寸志を間違えると、とても恥ずかしい

ご縁あって本を頂いたんですけどね。 知り合いで本を書いた人が何人かいまして。お友達自慢をしているわけではないのですが。 著者さんから「献本」として、本を頂くことがあります。 お世話になった人や、インフルエンサー的な人に送ることが多いそうです。…

逃げてもいいんじゃないかな、なんて思ったりして

ネガティブなことを綴ったとしても、それは今日の僕だから、それを記録しておくこともいいんじゃないだろうか。 どんどん手を抜きたくなってくる。 逃げたくなってくる。 だから、それを実践してみてもいいかな、なんて思いながらも、ただのメンヘラになるの…

周囲がカッコよく見えるから、自分をしっかり持っておこうと思う

個性は滲み出てくるんだろうけど、それを我慢できなくなるときがある。 積み重ねてきたもの、重みも違えば、投資してきた時間もお金も違うのに。 その表面の薄い一枚を見て、何かと結論付けてしまうところが悔しい。 自分自身のことは見えなくなる。何が得意…

過去の自分がそこにいる、という安心感

ブログだ。 1年前に書いた僕がそこにいる。 誰の手も加わらず、ただただ僕がそこにいる。 悩んでいた僕、葛藤していた僕、調子にのっていた僕、好きな人ができた僕、仕事を辞めようとしていた僕。 もちろん、それをテーマに文章を書いたわけじゃない。 でも…

センター問い合わせ、ちゃんとやってる?

センター問い合わせ そろそろメール来てるかな。ドキドキ、わくわくな気持ちで携帯電話を操作していたのは20年ほど前のことか。 メールを読むにも、センターへ問い合わせて確認しなければいけない。 今みたいに、通知のポップアップが出てくるわけじゃない。…

僕は悪い見本だから真似をしないように

社会人というのは難しいものだ。 隣のデスクには新入社員が座っている。 僕にとっては10年以上も前のことだ。 社会に慣れ、会社に慣れ、上司を上司と思わなくなる。 悪い意味で慣れてしまった。 ルールを少しばかり飛び出たことも気にならなくなったのは、何…

ちょっと無理、にどれだけ耐えられるか

やっぱり。 と思う結果だった。 上手くいかないんだろうな、なんて思っていた。 ちょっと無理だな、なんて思うことが、順番にやってきた。 それを黙って受け入れられるか。 そこか今回の勝負だったと思っている。 ちょっと無理 をどこまで感じ取れるか。 ど…

言葉の重みは「ライター×エンジニア」

言葉を大切にしたい、言葉を丁寧に受け止めたい そんなことを感じるようになったのは、ライターを始めてからだと思う。 他の人の文章を読み、自分との違いを比べ、良いものは取り入れていく。 明らかに劣っている場合もあるし、全く思いつかなかった表現をす…

基準が変わるとき

1キログラムの基準が変わった。 約130年もの間、国際キログラム原器を基準に1キログラムが決められていた。 2019年5月20日からは、物理定数によって1キログラムが定義され、フランク定数の云々とされているそうだ。 見本の重りのような国際キログラム原器か…