ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

打たれないくらい突き抜けた杭になれ

こんにちは、スズキです。

何事も中途半端は良くないですね。

中途半端に頑張ったところで、時間と体力を消耗するだけ。

結果は二流。

 

もっと、とにかく突き抜けるくらいの結果でないと、費用対効果は低いです。

 

1番じゃなきゃダメなんです。

とにかく突き抜けて1番になること。

2番ではダメです。

母数が少なくても1番になることが重要です。

 

会社で1番、県で1番、全国で1番、世界で1番。

 

1番になることで、周りに自分自身を認めさせることができる。

誰が何を言おうと、誰よりもスゴいことは揺るがない事実です。

そうやって突き抜けて行くことが、周りの気持ちを変化させていくキッカケになるんですね。

 

相手を変えるのも一つの手

相手は変わらない、自分を変えればいい。

そう言われますが、半分は間違っています。

相手だけを変えるのが難しいんです。

自分自身が変わることで、相手は変わってくれます。

 

何を言われようと、自分の1番にこだわれば、相手は認めてくれるでしょう。

相手の受け捉え方が変わるんですよ。

そのためには1番にならないといけないですよね。

 

世界一、日本一が難しいのであれば、相手の中の1番になればいい。

1番優しい人、1番詳しい人、1番側にいてくれる人、1番頼りになる人。

そうすれば認めてくれるようになるんです。

 

打たれて終わる人は、まだまだ伸びしろがある人。

まだまだ1番になれていない人です。

出る杭は打たれると言いますが、本当に出る杭なら、打たれてもどんどん出てきます。

どんどん出てくるので、打っても打っても出てくる。

いたちごっこみたいですね。

 

もっと打たれて、もっと出て、どんどん突き抜ける。

あなたの中で1番突き抜けていることは何ですか?

その突き抜けていることを大事にして、それを伸ばしていく。

 

そうすると、いつの間にかそれがあなたのシンボルになっていますよ。

 

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける