ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

起承転結と揚げ足取り

こんばんわ。鈴木です。寒い日が続きますね。

最近は、いつでも寒い寒いと言っている気がします。

 

さて、代々木ゼミナールの講師に船口明先生という方が

いらっしゃるのですが。現代文の先生ね。

「読」と「解」のストラテジーという本を

かつて、高校生時代に読んだことがあります。

船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー―代々木ゼミ方式

船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー―代々木ゼミ方式

 

その教材の中で、現代文の、評論文の起承転結を学びました。

今までは、作文や国語の問題でも、「起承転結だ」と

言われ続けてきましたが、いまいちピンとこなかった。

高校生にして、この本を読んでようやく飲み込むことができました。

 

さて、「起承転結」についてですが、

それを僕なりに噛み砕いたら、こうなりました。

 

起・・・なんか適当に、なんでもいい書き始め

承・・・適当な書き始めから、関連する世の中で多い考え方

転・・・いやいや、実はその考え方、違うんだぜ云々

結・・・つまり、多い考え方って、見直せるじゃん。

 

みたいなことだと理解しております。

 

こうやって考えると、難しそうですが、

こういった話って、日常では結構しているものなんです。

 

例えば・・・

起)もうすぐバレンタインだね

承)誰か、チョコくれる人いるかなぁ

転)でも、チョコレート配るのって、日本人くらいだぜ

結)日本のお菓子メーカーが広めたんだってさ

 

みたいな感じです。

そもそも評論文や、そういった文章は、

目の付け所がシャープだったり、他と違った視点から

「違う考え方もあるぜ」と言うからこそ、

え??なになに??信じられな~い

と、読み手の興味を引くことが多いわけであります。

 

と、考えたときに、その違った視点や、細かなところってのは

「揚げ足取り」になるような気がしてならないわけです。

もちろん、「それは違うんだぜ」という書き方もあるんだけれど、

それだとインパクトが弱いと感じるのです。

 

揚げ足を取るのは、比較的得意だと思っていますが、

争い事を起こしたり、避難されたりするのはあまり好きじゃなくて。

平和に生きていたいわけですよ。

 

ネタとしての面白さと、揚げ足を取る嫌なヤツとの板挟みとでも言いましょうか。

本当は、もっと純粋で素直なヤツなんだぜ、俺って(笑)

 

でも、あえてそういったラインにも挑戦していこうかなぁってね。

みんなの悩みや困っていることに対して、こんな違った面もあるぜ。

(例)月々のスマホ代って高いじゃn。でも安くする方法があるんだよ。

とかなら、快く受け入れてもらえるんだろうけどね。

 

重箱の隅を突っつくようなことだったり、

モラルに反したような考え方だったり、

ファンが多い人のことをネタにしたりすると

これまた炎上商法になってしまうわけであります。

 

それはそれでもいいのかなぁと思うけれど

ある程度は平和にやっていきたい。

まぁ、なるようになりますかね。

 

カテゴリーも「揚げ足」カテゴリーを作ったので、

強めに攻めていきましょう。

決して、その意見を押し通す訳ではなく、

頭の中の、その少数意見を、自分の中のちっちゃな悪魔の囁きを

見つめ直す機会になればと思っております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

ではでは。