ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

たぶんね、テーマがあったほうがいいんだよ

こんばんわ。すずきです。

とりあえず、色々と書いてみます。

 

雑記ブログて、何を書くんでしょうね。

思ったこと、感じたこと、前向きなこと、ネガティブなこと

なんでもいいんですけど、なんでもいいからこそ書きにくいね。

 

僕が考える書きにくい理由。

発言に責任を持たないといけない。

それが、思いや考えになればなるほど、ダイレクトな責任で、

反論されたら自分が否定されているかもしれないと思ったり。

 

最近のブログで「承認欲求」という言葉をよく聞くけれど、

それの裏返しみたいな反応があるんだろうなぁ。

 

そもそもね、別にブログなんてしなくてもいいんですよ、

日々の生活で、僕がブログをしなくても、全く困らない。

つまりアレなんですよ、明確な目的もゴールもないけど

だから突き進んでいこう的なね。

 

テーマが決まればそれを追いかければいいし、

テーマが決まらなければそれを探せばいいだけで

気楽にいきましょうかね。

 

言葉での表現が難しいけれど、

この記事の出だし4行がめちゃめちゃ好き。

delete-all.hatenablog.com

 

僕と近しい考えだということもあるけれど、

要点がすごくうまくまとまっている気がする。

自分の言いたいことを、簡単に述べているところ、

その次の行を読みたいと思わせるところ、

素直な気持ちが溢れでているんだろうなぁって。

 

自分の言葉で伝えることの難しさや、

簡単な言葉で説明することの難しさが、

ここには出ていて、研ぎ澄まされた感性みたいなものが

僕には伝わってくるし、心地いい。

 

やっぱりね、カッコつけたがりなので、難しい言葉を選んだり

知的な表現を使ってみたりするんですけど。

それが、逆に仇となって混乱するような内容になってしまう。

 

もうね、すげぇときは、すげぇ!!としか言えないんです。

可愛い子を見かけたら、カワイイ!!としか言えないんです。

その直球の言葉が、そのときの言葉なんだろうなぁって思うので、

思ったまま というのも重要なことなんでしょう。

 

特に文字にしてしまうと、その言葉の表面しか見えないけれど、

そんな中で、想像して妄想して、

どんなことを考えながら書いたんだろう、どんなところで書いたんだろう

この人の基本の考え方は??何歳なの??おとこ??おんな??

いろんなことを、考えられるだけ考えて妄想するのも好き。

 

それも自分のコンディションに左右されるから

元気なとき、疲れているとき、眠たいとき、急いでいるとき

とか、シチュエーションを用意して、何度も読んでみる。

 

だから僕はあまり推敲していない記事の方が好き

誤字脱字は無いほうがいいと思う。あるとテンション下がるし

他にも間違いがないか探しだしてしまう。

でも、勢いがある文や、その人の気持ちがわかる文だと、

誤字脱字も作戦に見えてくる。

 

本当の気持ちが見えてくると思う。

せっかくなんだから、のびのびいこうぜ、のびのびと。

もちろん、吟味して書く記事も大事だけれど。

 

目標は1記事1000文字20分。

頑張っていこう

ではでは。

 

 

これから本を書く人への手紙

これから本を書く人への手紙