ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

誤字は気になる。

 

おはようございます。すずきです。

今日もいい天気ですね。

 

昨日の記事では、「勢いでいっとけーー」

と書いていましたが、やっぱり誤字というものは気になるのです。

 

誤字があると、それに気をとられて

その記事の伝えたいことが、5割引くらいになってしまいます。

素直に吸収できる文章というのは、まずは間違っていない。

ということが、基本なのだと思っております。

 

いろんなネタ集めで、ブログや情報系の記事を読んでいたりするわけですが

以外にも間違いがあるんですよね。

↑こういう間違いが非常に多い。変換ミスってヤツです。

 

この「以外」と「意外」は、日常でもよく使うので、

変換候補でミスしていたり、あまり気にしていなかったりで。

 

「幻のコメダ」に行ってきた

http://jouhou.nagoya/forgotten-komeda/ 

 

という記事を読んだときに、

最後の最後に、そのミスかよ。

と思ってしまったわけです。

記事の内容よりも、ミスがあったことしか

頭に残らないのは残念だぞ!! という僕の感想。

 

個人的にはアルファベット、数字が全角なのも気になる。

漢字の変換ミスと、全角の英数字。これがすごく気になる。

それ以外は許容範囲だから、ひとまずは大丈夫。

 

もっと高尚な人たちは、単語一つ一つが気になるのかなぁ。

受験問題みたいな、単語の「○○と○○の違い」とか

「この単語の意味を答えよ」とか、僕にとっては

重箱の隅をつついたような日本語の違いになると分からない。

 

そういった違いが分からないということは、

その細かな違いを意識して書いてある文でも、平坦に読んでしまっているのだろう。

「小さな違い」に気付けるかどうかが、楽しみの一つになるのかもしれないけど。

 

良い文章をたくさん吸収しながら、細かな違いに気付きながら

自分の文章もよく推敲して、別の表現に置き換えられないか考えて。

日本語をうまく操れるようになっていくと、より楽しくなっていくんだろうな。

 

もちろん目で読む場合と、声で読む場合の違いやバランスもあるとは思うけど

もう少し自分の言葉で、自分の内側から出てきた言葉で

その言葉に気持ちや熱意や思いを乗せて情報発信していけるようにしたい。

ブログだけでなくても、日常の生活においてもね。

暑苦しく生きていこうじゃないか。

ではでは。

 

言いまつがい (新潮文庫)

言いまつがい (新潮文庫)