ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「ちゃんとやる」ということ

こんばんわ。すずきです。

今日は暖かくて、過ごしやすい一日でした。

 

「ちゃんとやれ」といいながら、ブログを書いていますが、

何をもって「ちゃんとやった」とするか。

そこの基準が明確でないと、自分も負のスパイラルにハマっていきそうです。

 

「ちゃんとできる」ということ

 僕が考える「ちゃんとできる」ということは、

納期を守って、クオリティを保って、ゴールできること。

それをする為にどうするか。準備や段取りが必要だと考える。

 

その段取りや準備の仕方は2種類。

  • とりあえずやりながら、平行して準備をするタイプ
  • 入念に準備をして、一気に突っ走るタイプ

僕はどちらかというと、後者で準備が無いと不安になってしまう。

ネタ探しとかも含めて、やっぱり準備が大事だと思うからこそ、

モノの始まりにおける、細かな決まりを作ることが多い。

 

 

細かな準備って?? 

 例えば、モノを所定の場所にしまっておくこと、

順序立てて用意しておくこと、

あのときは、このときは、と保険をいくつか掛けておくこと。

 

何をどうしたら、と悩むことも多いけど、

いざというときに困っちゃうのは嫌だから、僕は前もって準備する派。

それだけ準備しても、失敗してしまったり、間違ってしまったりするけど。

 

 

細かな準備をする為に

 

準備をする為に必要なのは「妄想」だ!!

もっともっと妄想しようぜ。妄想することで準備ができる。

いろんなパターンを思い浮かべることができるし、

いろんなパターンから、次のステップへ進めることができるから。

 

妄想力=段取り力 だと思うんだけれど。

その妄想から、しっかりと準備に行動することが一番大事なのかもしれない。

 

 

僕は一人で物思いにふけることが多い

 

どちらかというと、一人で妄想していることが楽しくて、

もっともっと頭をグルグルさせていたい。

それが、直接「ちゃんとやる」とこにつながるのか

疑問なところも多いけれどね。

 

その妄想の中でも、ポジティブなこと、ニュートラルなこと、ネガティブなこと。

そういったことを上手く並立させて、次のステップを考えることが多い。

 

例えば「デートの日、家を出るときに雨が降ってきたら」としよう。

そんな時にどう考えるか。

  • 雨降ってきちゃって最悪だなぁー
  • 雨が降るのは自然のことだからしょうがないか
  • 傘を持って行くことができてよかったよかった

そうやって、色んな考えを頑張って引き出すのが僕の中のトレーニング。

 

 

結局のところ

 

「ちゃんとやる」方法も手段も一つじゃないから、何通りあってもいいんだけど。

どこかで嘘をついたり、気持ちが揺れたり、そんなことが無ければ

順調に進んでいけると思います。

 

もっと細かなことを、そこに拘っていければいいと思うけれど、

今日より明日、明日より明後日に、もっと方向が明確になるかもしれないけど。

 

まだまだぼんやりしているから、また改めて考えよう。

具体的に何をどうするか。そういったことも大事。

ではでは。

 

ちゃんとやれ!えんけん!

ちゃんとやれ!えんけん!