ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

古いモノが好きな理由、昭和テイストが好きな理由

こんばんわ、スズキです。

皆さん、スマホは好きですか??

もしかしてタブレットとか持っていますか??

パソコンも持っているんですか??

 

 

変化の時代

iPhoneが日本にやってきたのは2008年、今から8年ほど前のことです。

パソコンが飛躍的に普及したのは、Windows95が出たのが大きな影響でしたね。

もう20年以上も前のことです。

デジカメとフィルムカメラの出荷量が逆転したのは2000年頃と言われています。

 

僕の人生はデジタル技術の変化とともに歩んできたものです。

初めて買ったポータブルステレオは、カセットテープでした。

その後にMDが発売されましたが、いつの間にかメモリーオーディオに。

時代の変化は凄まじく速いモノです。

 

最先端のものが好きなミーハースズキだけれども、一方で過去のモノにも引きずられてます。

 

 

やっぱり古いものが好き。

高校生のころ、同級生のほとんどが電子辞書を使っていました。

僕は頑なに紙の辞書を。

どうしても、電子辞書に馴染めなかったんです。

紙の辞書のほうがイージーアクセスだったから。

僕の中での頻出ワード「イージーアクセス」ですが、どこでもパッと見ることができるという面で、紙の辞書に軍配が上がると思っていた。

 

デジカメが普及してきた時代だったけれど、僕はフィルムカメラを使っていた。

手元に写真が残る安心感、ネガが残っている達成感みたいなモノがあったから。

デジカメのデータは管理が難しくて、僕は行方不明にすることが多い。

今でもフィルムで撮影することが多いかな、それも白黒フィルムで。

 

メールよりも手紙の方が好き、CDよりもレコードの方が気分が高まる。

AT車とMT車があれば迷わずMT車を買う。

どれも面倒なんだけれど、その面倒な部分が好きなんだろう。

手間を掛けることで、そのモノ、そのコトがより大事なものになってくる。

 

 

手間=思い入れ

面倒なことを上手くこなすところに、大人の余裕があったり、器の大きさを感じるから、それをあえて選ぶのかもしれない。

背伸びしたがりなんですよ、カッコつけたがりなんですよ。

でも、それが趣味だからこそ、時間を掛けること、手間を掛けることが似合うのだろう。

 

LINEでスタンプを送るより、絵手紙でも書いてポストに入れた方が、想いが伝わるような気がするし、そうであると信じたい。

スタンプなら1秒だよ。

手紙を書こうとすると、10分、20分、1時間くらいかかるかもしれない。

けれど、それが良くて、その間ずーっと相手のことを考えることができて、色んなコトを考えながらペンを走らせることができる。

時間を掛けることで、気持ちをうまくコントロールできる気がする。

 

 

効率化はしんどい

なんでも効率よくなればいいってコトじゃない。

守るべき線があったり、そこへの苦労が見えるから、より愛おしくなれる。

ばあちゃんの作った梅酒より、チョーヤの梅酒のほうが旨いよ。

でも、その手間も含めて、背景にあるものをひっくるめると、ばあちゃんの梅酒が勝つ。

 

単純な便利さや効率化を求められると、無機質な感じになるのが嫌だから。

僕は手間を掛けるべきコトを選ぶし、その手間と勝負する。

もちろん楽ちんがいいこともあるので、今の時代に生まれてよかった。

どちらも選べる、そんな変化の時代に。

ではでは。

 

図説 昭和レトロ商品博物館 (ふくろうの本)

図説 昭和レトロ商品博物館 (ふくろうの本)