ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ひとりの時間は何して過ごす??

お題「ひとりの時間の過ごし方」

こんばんわ、スズキです。

久しぶりに「お題スロット」を回してみたら、自分にとってホットな話題だったので、これをテーマにしてみようと思いました。

 

ひとりの時間の過ごし方

僕は大勢でワイワイするよりも数人、時には一人でいるときの方が楽しい。

なかなか輪の中で和を保つことが苦手のようです。

みんなでドンチャン騒ぎをしてくだらない話で盛り上がるよりも、人と人が会うことでした出てこないようなホットな話題が欲しくて、できるだけ個人同士で会うようにしています。

それも相手があっての話なので、一人で時間を過ごすことの方が多い。

一人というか、自分と向き合って、自分の中にいる数人の「スズキ」と討論することが多い。

 

 

仕事帰りに「ひとり」になりたいとき

仕事で上手くいかなかったとき、次の課題に向けて取り組みたいとき、調子が良すぎるから自分を見直したいとき、仕事帰りに「ひとり時間」を作りたい時は、バーに行こう。

バーといってもガールズバーとかではなく、ショットバーに。

少し重めの扉を開けた時から別世界に案内されたような雰囲気、薄暗くて身体がちょっと緊張する。

静かな音楽が流れていて、あまり干渉してこないバーテンダーがいるような店。

そんなお店を見つけられたら僕は何度も足を運ぶだろう。

 

バーの良いところ

  • 一人でも気軽に入れる
  • ちょっとした話なら、バーテンダーが付き合ってくれる
  • 色んな種類のお酒を楽しむことができる
  • 本を読むくらいなら許される

バーのちょっとダメなところ

  • 常連さんの質で店の雰囲気も変わる
  • タバコ臭い、葉巻臭いときもある
  • チャージ代を考えると、ちょっと割高

 

でも、2~3軒は行きつけのバーがあると、気持ちをリセットするにはピッタリ。

会社と家との間にマラソンでいうところの「給水所」があるような感じ。

初めていくお店のドキドキ感と、行きつけの安心感でアフターファイブを過ごしましょう。

 

 

休日の夜に「ひとり」になりたいとき

一日が終わって満たされていないとき、モヤモヤが残っているときにはドライブに行こう。

僕は一人ドライブが大好き。

もちろんカワイイ女の子が隣の席にいるとテンションは上がるけど、自分と向き合うことはできなくなる。

名古屋だと車文化なのでドライブには抵抗がほとんど無く、調子がよければ目的も無いのに100kmくらいは平気で走っちゃう。

もう少し時期が良くなると、夜のドライブ、窓全開で、好きな音楽をいつもより少しだけ大きなボリュームで、できれば少し暗めの道を走りたい。

 

ドライブの良いところ

  • 新しい風景に出会える
  • 一人カラオケもできる
  • 非日常のドキドキ感
  • 風の音や匂いや感じることがいっぱい

ドライブのちょっとダメなところ

  • 車を用意する必要がある
  • 眠くなるとアウト
  • 晩酌後にはできない

もっとも、キャンピングカーだったら、飽きたら寝れるぜ。

 

スーパー銭湯も近所には多いので、一人で歌いながらドライブして、風呂に入ってスッキリして、るんるん気分で帰宅する、ってのもなかなか良いコース。

考え過ぎちゃって、運転が疎かにならないように注意。

 

 

「ひとりの時間」は絶対必要

自問自答しながら成長していくことが多くあるはず。

だから自分と真剣に向き合う為に「ひとりの時間」は自ら作る必要がある。

足下をしっかり固める為にも、次の方向を見極める為にも、思い悩む時間を作っていこう。

いろんな時間を過ごすことで、一回りも二回りも大きくなれるんだからね。

ではでは。

 

 

 

「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!

「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!

 
「ひとり時間」のススメ (中経の文庫)

「ひとり時間」のススメ (中経の文庫)