読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

カラオケで学べる重要なコト

こんばんわ、スズキです。

いつもの先輩とカラオケに行ってきました。

f:id:acogale:20160419231306j:plain

2時間で一人4,000円でした。

うむ、よんせんえん。

 

大学生じゃないし、デートじゃないけど、3,000円のランチでエンジョイできる記事を読んだら、4,000円のカラオケは残念な気分だ(笑)

www.ikkokazuyuki.com

でもね、カラオケだっていいところあるんだ。

 

ところで「カラオケ」って知ってる?

バカにしてゴメンなさい。

普通の、あの有名な「カラオケ」のことです。

伴奏と主旋律が流れて、テレビに映像と歌詞が出て、大きな声で歌う。

 

めっちゃストレス発散やん。

めっちゃ気持ちいいやん。

ストレスたまったらカラオケに行こう、なんてみんなやってることか。

 

 

「カラオケ健康法」ってのがある

声を出すことでお腹に力をいれることができたり、長く息を吐くことで肺活量が鍛えられたり。

もちろん大きな声で歌うことで気持ちを安定させたり、歌詞を覚えることで物忘れを防いだりとか。

いいことあるんだぜ、カラオケって。

 

今日はストレスを発散しようぜーって先輩とカラオケに行ってきた。

 

 

ストレス発散以上にイイコトが

僕もね、ストレス発散、楽しく大きな声を出すことが楽しいと思っていた。

しかーし、今日気付いたのです。

 

歌いながら歌詞を目で追うことが一番楽しい。

 

好きな曲だったりすると、もう歌詞も曲調も覚えているんです。

でも、改めて目で歌詞を追うと、いいことが書いてあるなぁと。

聴くだけだと気づかなかった表現や、ワードに気付くことができる。

 

目で追いかけられること、歌詞の色が変わるのでしっかりと見ることができること、口で言うこと耳で聴くことで、身体にしっかりと頭の中に浸透してくる。

好きな歌だからこそ、その感動が二倍にも三倍にもなって「あ~この歌ステキだ」と思える。

 

ひとつひとつの言葉をかみ締めながら歌えるというわけです。

歌詞カードじゃダメなんです、画面の歌詞じゃないと。

そこをしっかり目で追うことが簡単だし、しっかり見ることができる。

 

 

歌詞がステキな歌だと、これ最高

 歌詞がステキな歌だと、自分でもウルっときちゃいますよ。

オススメは少し昔の曲ですね。

おっさんだから、KANとか槇原敬之とかね、そういった世代の歌が響くわけです。

 

著作権があるので歌詞を書けないのが残念ですが。

※JASRACとかにお金払ってないんで。

とにかく曲調やキャラクターじゃなくて、純粋に歌詞に惹かれた歌を、歌詞をしっかり目で追いながら歌ってほしいものです。

 

 

まとめ

今までは、大声を出すこと、リズムにノリノリなこと、お酒を飲んでいい気分になることが楽しかった。

今日は違った、歌詞を受け入れること、歌詞の意味を考えることが楽しかった。

 

今朝、いろんな曲の歌詞について考えてたから、余計になびくものがあったのかもしれない。

いい流れがきてますね、めっちゃついてるスズキです。

ではでは。

 

1人deカラオケDX

1人deカラオケDX