ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

文字も良いけど、写真も良い。人に伝えることが楽しい。

カメラが楽しい

スズキです。

最近デジカメを買いました。

軽くて小さいヤツ、つまりはお値打ちなヤツ。

 

フィルムカメラにこだわっていたけれど、少しだけ間口を開いてデジカメにもチャレンジ。

文章で表現することも楽しいけれど、写真で思いを伝えることも楽しい。

文字から情景を創造させる楽しみもあれば、一瞬を切り取ったところから時間の流れを読み取る楽しみもある。

どちらも上手くやっていけるようにしていこう。

 

 

 

思えば昔から写真を撮っていた

 小さな頃からカメラを与えてもらっていたな。

フィルムカメラでたくさんたくさん写真を撮っていた。

写真を撮っているときは、一人になって自分自身に集中することができた。

集中するときって呼吸を止めるんですよね、その狙った瞬間が来るときまで。

 

でもファインダーを覗かないと、そういう気持ちは生まれなかった。

iPhoneでもすごくキレイな写真が撮れるんだけど、そこに集中できなかったわけです。

手軽に写真が撮れる、すぐに仲間に送ることができる、インスタグラムにもアップしやすい。

便利なことはたくさんあるけど、便利すぎて日常に溶け込みすぎてしまったんです。

どこかで「ちゃんと写真を撮りたい」と思っていたわけであります。

 

 

日常の解像度を上げる

ブログを書く上で「日常の解像度を上げる」ということが大事だと教わりました。

日常のどこを「切り取る」かということで、ネタが全く違ってできあがる。

いろんな人の記事を読んでいると「そんな切り口があったか」と思うものばかり。

トリビア的なものもあったり、自分がまだまだ気付いていない「日常」がそこらじゅうにありました。

 

そこにしっかりと切り込んでいけるから、素敵な記事になるわけです。

スズキ的には文字だけだとちょっとしんどい。

「人に伝わるように」書くことがまだまだ苦手であるからして、別の技を用いてみようとしているわけです。

 

解像度高く、日常を切り取るためにも「写真」というアイテムに手を出してみたいわけですよ。

 

 

デジカメも良いじゃないか

便利になった世の中だから、それを進んで使えるようにしていこうと改めて思う。

昭和的な考え方というか、過去の技術にしがみつくのはカッコ悪いかもしれない。

 

新しいものをどんどん吸収して、それを使って僕は発信していかなきゃいけない。

自分のスタイルを押し通すのも良いことだけど、時代の変化に柔軟に対応しないと取り残されてしまうよ。

そういった先進的なモノが好きだからこそ、多くのアイテムを使って生活環境を変えていこうと思う。

変化を恐れないように、もっと変化していくように、変わっていくべし。

「撮る」だけじゃなくて「撮られる」ことにも慣れておきたいな。

 

 

 一押しショット

f:id:acogale:20160503155720j:plain

 NIKON D3300 1/20-F5.6 ISO3200

 

ちなみに新しくサイトも始めました。

Photo Log Station
http://photolog.aco-gale.com/

今後ともよろしくお願いします。

 

 

写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)

写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)