ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

アソシア志友館のおもしろ学校が、本当に面白い 東京湾と鹿児島湾

おもしろ学校って何??

昔の仕事のつながりで「おもしろ学校」というものに参加してきました。

現役の小中学校の先生が、勉強することの楽しさを教えてくれる授業です。

 

授業をするのは現役の先生

授業を受けるのは大人ばかり。

先生が大人の生徒に、普通の授業を90分ほどしてくれるんです。

 

f:id:acogale:20160512224042j:plain

 

 

今回の先生は

愛知県岩倉市立南部中学校の校長先生。

校長先生が社会の授業をしてくれました。

テーマは「人と自然のかかわり」

 

90分の授業は2部構成で、どちらも非常に興味深いものだった。

先生ってすごいな、改めて思うことばかり。

90分間のプレゼンでしょ、授業って。

いかに身近な話題から想像を膨らませて、どうやってゴールにたどり着くか案内してくれる。

 

授業の構成やしゃべりかた、キッカケ作りや時事問題などを、本当にうまく織り交ぜていた。

やっぱりすげーと思う。

 

 

東京湾と鹿児島湾についての質問!!

面積が、東京湾:1,380平方km 鹿児島湾:1,130平方kmと同じような大きさ。

大きさは同じでも漁獲量が違う、それはなぜか!!!

東京湾の漁獲量は20,000トン強 鹿児島湾の漁獲量は8,000トン弱。

東京湾のほうが約3倍も多く魚が獲れるのはなぜ

 <東京湾>

 

<鹿児島湾>

海から川へ

東京湾には多くの川が流れ込む。

多摩川、荒川、江戸川など有名な川が10以上もあるだろう。

それに比べて鹿児島湾は??

もともと火山が有名な鹿児島、土地の性質も火山よりなんでしょうね。

流れ込む川も少なく、土地もやせているとのこと。

 

 

川から森へ

 川があれば魚が獲れるのか、そうでもないらしい。

森の栄養が川に流れ込み、それが海にたどり着く。

腐葉土に含まれるフルボ酸というものが、水の中の鉄と結びつき植物プランクトンに取り込まれる。

それが動物プランクトンを呼び、小魚を呼び、大きな魚を呼ぶというわけ。

 

 

知らないこと、気付かされることだらけ

小学校や中学校の社会で習うことかもしれないけど、あまりにも衝撃だった。

もっと単純なものだと思ってたけどそうじゃなかった。

 

大人になると短絡的に考えがち。

川があるからでしょ、ってね。

それだけじゃなくて、さらにもう一歩、もう一歩と考えることが大事なんだな。

 

 

勉強はするものじゃない、したくなるもの

「女王の教室」というドラマのワンシーンで先生が答えた言葉。

生徒に「なぜ勉強はしなければいけないか」と問われ、「勉強はするものじゃなくて、したくなるもの」と答えた。

 

まさにその気持ちが、このおもしろ学校だった。

どんどん興味が沸いてくる、森と川と海の関係、特に腐葉土に含まれる「鉄」が重要ということも教えてくれた。

 

後半の授業では、CMで一躍有名になった「べた踏み坂」と「もののけ姫」の関係など、どんどん授業に吸い込まれていった。

めちゃめちゃ勉強したくなる。

もっともっと色んなものが吸収したくなった。

久しぶりに授業を聞いて、ノートをとって、頭を働かせて。

やっぱり思うのは、学生時代にもっと勉強しておけばよかった。

ということだ。

 

 

こんな本もあるけれど

畠山重篤さんの本に似たようなことが書かれている。

もしこの本に先に出会っていたら、そこまで興味が沸かなかった。

僕は先生の、おもしろ学校の授業を受けたからこそ、この本を読んでみたいと思うようになった。

 

東京湾と鹿児島湾、森から川へ、川から海へと覚えたところで、出世するわけでもなければ、ハナ丸をもらえるわけでもない。

でも、そういったところに興味を持つこと、勉強したくなること。

そんなキッカケをもらえた非常に有意義な時間だった。

 

高橋校長先生、どうもありがとうございました。

 

次回予告

2016年6月15日(水) 19:00~20:30

名古屋市中村区名駅 ウインクあいちにて。

犬山市立城東中学校の美術の先生が、

テーマ“現代アートの見方ともの作りに挑戦”
3回目の「あいちトリエンナーレ」を間近に控え、「現代アートはわかりにくい。」とよく聞きます。そこで、現代アートの見方と歴史を知っていただき、楽しく「あいちトリエンナーレ」を鑑賞するためのヒントを学びます。また、中学校で学んだ「美術の基本」を思い出してもらい、人々を感動させるエッセンスを紹介します。そして、最後に短時間でもの作りを体験します。

と、また興味深い授業をしてくださいます。

shiyuukan.com

 

気になる方は、こちらまで

一般社団法人アソシア志友館

 

日本〈汽水〉紀行 (文春文庫 は 24-4)

日本〈汽水〉紀行 (文春文庫 は 24-4)

 

 

日本<汽水>紀行―「森は海の恋人」の世界を尋ねて

日本<汽水>紀行―「森は海の恋人」の世界を尋ねて