読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

デラックスシートはお値打ちで快適@近鉄特急アーバンライナー

こんばんわ、電車の中なんですよ。

だから思ったことをどんどん書いてみようと思います。
 
 
こんなつぶやきをしたけれど、大阪までは行かず「津」まで。
日本で一番短い名前の県庁所在地で、一番短い名前の駅「津」まで。
だって一文字ですし。
近鉄特急「アーバンライナー」に乗って45分。
 
「ブログを書きたいから」という理由で、ちょっといい席の電車に乗ったりします。
アーバンライナーのデラックスシートに乗車中。
 
特急料金にプラスすると、ちょっといい席に乗れます。
近鉄名古屋から津までだと、プラス210円です。
210円で45分間、ちょっと快適な席に座れます。
 f:id:acogale:20160708193537j:image
通常の席だと、横に4列のシート。
隣の人も気になるし、夏場におじさんと密着するのは嫌だ。
デラックスシートだと独立3列なので、しっかりとスペースを確保できます。
 
あとは、それに合うだけのコストかどうかということですね。
45分、約65km。
もともと特急料金がかかりますが、それに210円ならアリだなと。
これが1,000円、2,000円となるとかなり躊躇してしまいます。
 
今日はちょうど貯まっていたポイントを使って快適に移動しております。
 
 
お金を掛けるところは人それぞれ
僕は動いていることが好き。
それが電車であっても、バスであっても。
だからちょっと余分にお金がかかっても、いつもと違うものを求めてみたりする。
 
少し遠回りになっても、ちょっと高いかなぁと思っても、珍しいものや乗車クラスが違ったら選んでしまう。
最近、移動に夜行バスを使うこともあるが、僕自身それでいいと思っている。
 
その昔、宮森先生はこんなことを言っていたけど。
 
 
 
僕は「動いているコト」にお金を掛けたいと思う。
反面、止まっているところにお金を掛けるのは「もったいない」と思うものだ。
だから「ホテルに泊まる」ということは、すごく贅沢に感じるしできるだけ使いたくないと思う。
その代わり、ゆったり座れる電車のシート、バスのシートにお金を払うことは抵抗がない。
 
最近の移動に夜行バスを使うことがしばしばあるけれど。
できるだけいい席を選んでしまう。
ちょっと安めのホテルなら泊まった方が安かったりするのに。
そこは、金額だけの問題では無いのだろう。
移動することに夢や憧れでもあるのだろうか。
人類のDNA的なものが。
 
 
ちょっといい席に乗ると、気持ちが安定する。
比較的おとなしい人が多かったり、素敵な人が多かったり。
背伸びをして乗ってみたりすると、「あぁこんな大人になりたいな」と思うような人に出会えたりもする。
 
そういえば、グリーン車の記事を書いていた人もいた。
 
 
ちょっと非日常的な刺激というか、いつもと違う雰囲気が気分を良くさせるんです。
静かな環境、リラックスできるシート、車内販売も早く来てくれるし、乗り降りの階段やエレベータも近かったりする。
なにかと上手くできているんだなぁと思うことは、乗ってみて気付くことが多い。
 
ちょっとのコストがかかるけれど、僕は別の「何か」を犠牲にしても、ちょっといい席を選ぶに違いない。
動いていることに憧れがあるのだろう。
 
この週末は関西にいる予定だが。
泊まるのはもったいないと思う性分なので、家に帰ることにする。
三重から奈良、京都、大阪の週末。
少し身軽に動けそうだ。
 
雨が心配だけれども、皆さま良い週末を。