ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「とりあえず3年」は、意外と大事

こんばんわ、スズキです。

今日も思ったことを、書き連ねてみようと思います。

 

「とりあえず」

とりあえずやってみるということは、実は大事なこと。

実際にやってみないと分からない。

失敗することもあるだろうけど、やってみないと何も見えない。

だから、とりあえずでも、やってみることには意味があると思っている。

 

とりあえず3年は働いてみたら??

なんて言われることもある。

その3年で何もなかったと言う人もいるだろう。

本当にとりあえずで終わってしまった人。

 

とりあえずで始めたことっていうのは、とりあえずのまま進むことは少ないと思うのだが。

スタートダッシュのようなものは、とりあえずだろう。

しかし、走り始めてしまえば、それは改善していくこともあるだろうし、方向を変えなければいけないこともある。

 

だから、それがとりあえずのまま、ずーっと続くことはないと思っている。

とりあえずで走り出してみることで、気付くことがたくさんあるだろうし、次に考えることもたくさんある。

 

とりあえず3年を過ごしてみた人が、面白いことに巡り会えないとしたら、それはとりあえずで過ごしてきたから。

言葉遊びをしているわけではないが、とりあえずの3年というのは、ある期間をいうだけで、そこでの過ごし方ではない。

 

とりあえず3年 (という間、一生懸命) 働いてみたら

というものだと思っている。

 

とりあえずやってみることで、フットワーク軽くモノゴトに取り組めるのだ。

経験してみなければわからないことがたくさんあるからこそ、やってみればいいと思っている。

 

動き始めたら、本気で突っ走ってみればいい。

時間は有限かもしれないけど、あまりにも見切りが早いのも惜しいぞ。

特に最近、ブログを書いていて思うわけで。

1ヶ月、2ヶ月で成果がでないことなんて、たっくさんあるのにな。

1年くらいは続けてみないと気付かないことがあるのに。

 

そうそうにリタイアしてしまうのはもったいない。

本当に合わないタイプの人もいるかと思うが、センスのある文章を書く人もたくさんいるのに。

 

世の中の時間が早く動くようになったから。

amazonで注文すれば、その日のうちに届くし。

手紙よりもメール、飛行機、新幹線、リニアなど、どんどん早く速くなっていく。

 

だから待つのは苦手なんだろうか。

そんなにすぐは結果が出ないよ。

それはブログに限らず、フィットネスジムや、もちろん仕事でもね。

 

目の前にあるプロジェクトをこなして、経験値を上げていく。

そういった場が用意されているからこそ、3年くらいは全力投球してみてほしい。

 

「やればできる子だから」という自信と「お前なんて何もできねーよ」という現実の狭間で、もっともっと悩んでほしいけどな。

 

時には、耐えて耐えて、目の前のことをこなしていくことも必要なんだよ。

とりあえずの3年、意外と大事だよ。

 

 

行動してみることで人生は開ける まず、できることから、やってみる PHP文庫

行動してみることで人生は開ける まず、できることから、やってみる PHP文庫