ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【青春18きっぷ】東海道線で名古屋から東京へ 2016年夏

こんばんわ、スズキです。

夏と言えば青春18きっぷ!!!

7月30日(土)に東京へ行った記録です。

行く日も決めていたので、事前準備もぬかりなく。

 

hatena.aco-gale.com

その前にスケジュールは立てていたけれど、全く役に立たず。

つまり寝坊したわけで、予定の電車に間に合わなかった。

気を取り直してスタートです。

 

 

名古屋から東京へ

名古屋8:43発 新快速の豊橋行きからスタート。

詳しい時刻は次の通りです。

 

8:43名古屋

9:36豊橋

9:51豊橋

10:24浜松

10:28浜松

11:42静岡

11:54静岡

13:07熱海

13:12熱海

14:47東京

 

と乗り継いでいきました。

6時間4分かかって東京に到着。

それなりに疲れちゃいましたけどね、お値打ちに移動できました。

 

 

名古屋→豊橋

新快速だから混んでいるかと思いきや、乗車率は低め。

進行方向に向かって座るクロスシートで、車両も比較的新しい313系。

50分程度、乗っているだけで快適な出発になりましたね。

f:id:acogale:20160811221607j:plain

 

 

豊橋→浜松

名古屋からの乗ってきた電車のちょうど1本前が新快速の浜松行きだったので、豊橋駅は空いていました。

211系のロングシート、3両編成なのでちょっと心配でしたが、豊橋駅に着いた時にすぐホームに並べば確実に座れる感じでした。

ギリギリに豊橋駅についたら、たぶん立つことになりそうやな。

 

 

浜松→静岡

浜松駅での乗り換えは、向かいのホームに止まっている電車へ。

興津行きに乗って、途中静岡で静岡が始発駅の熱海行きに乗り換え。

藤枝あたりから混み出したので、乗り換えには手間取るかと思ったけど。

熱海方面に乗り換える人はそんなにいない。

ほとんどが静岡駅で降りていったから楽々座れた。

 

 

静岡→熱海

沼津を過ぎたあたりでどんどん混み出してきた。

通勤ラッシュとまではいかないけど、リュック背負って立っていたら迷惑そうな顔をされるくらいに。

熱海での乗り換えが心配。

 

 

熱海→東京

最後は、熱海から東京へ、

快速アクティーのグリーン車へ。

モバイルSuicaでグリーン券を購入。

51km超のホリデー料金なので、780円でした。

 

グリーン車も乗車率は高め、小田原を超える頃には9割程度の乗車率に。

普通車もそれなりに混んでいたことと思いますが。

 

 

雑感

ちょっと強引な気分ですが、座りたい!!と頑張れば座れる。

ただ、豊橋~熱海はロングシートでちょっと疲れるかなぁという感じで。

もちろん電車なので、ディーゼルほど疲れることはなかったです。

 

今回の乗り換えでは、熱海駅での乗り換えが一番大変だった。

乗客も多く、既に止まっている快速アクティーにも、人がたくさん乗っていたので。

熱海か先は1時間に3本程度しか走っていないから余計に混むのかもしれません。

 

ちなみにトイレに行ったのは東京に着いてから。

6時間トイレを我慢していたことになります。

またご飯は、豊橋駅でいなり寿司を。

15分ほど待ち時間があるので、ホームに立って食べてました。

 

一人旅行ならいいけれど、仲間と行くなら席がバラバラになったりしますね。

座れる人と、そうでない人など、やっぱり一人で行くのが一番かもしれません。

 

今回は乗り合わせがよく、新幹線ワープを使わずとも到着できました。

そういった手段も考えながら旅をするので、それなりに忙しい旅でしたね。

 

 

かかった費用は

青春18きっぷ1回分 2,370円

グリーン券 780円

合計 3,150円

 

こだま号のお値打ち切符だと7,900円(一緒に☆こだま早得)か、こだまグリーン車で9,000円(こだま☆楽旅IC早得)。

こだま636号の場合、2時間46分で到着。

3時間15分と5,000円の差。

座れなかったり、乗り換えがあったりすることを考えると、どちらがお得なんでしょうかね。

 

JR時刻表 2016年 08 月号 [雑誌]

JR時刻表 2016年 08 月号 [雑誌]

 
JTB時刻表2016年8月号

JTB時刻表2016年8月号