読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「小鳥ピヨピヨ」の清田いちる氏に32作の出会いをもらう。

先日「素描書き」という書き方があるという記事を書きました。

 

hatena.aco-gale.com

それを教えて下さったのは、清田いちる氏なんですが。

その講演のスライドや、公演中にオススメして頂いたブログのリンク集がこちらに載っています。

kotoripiyopiyo.com

 

 

記事より

【講演後半:本日のテーマに沿った名作ブログ&記事紹介】

という見出しの下に紹介されているブログや記事。

20選ですが、どれ一つ知っているものは無かった。

 

これでもいろいろなブログを読んでいるほうだと思っていたんですけどね。

まだまだ知らないことがたくさんあるんだなぁと改めて気付かされるわけです。

 

素敵なブログの出会い

どうやって素敵なブログに出会っていくのか。

それが大きな問題なんですよね。

ネットは検索のメディアと言われます。

パソコンの前に座っているあなたが調べたいことを検索する。

それにマッチしたサイトやブログが表示される。

それで満足満足。

 

これがネットのメディアではないでしょうか。

世界中にある膨大なデータを、グーグル先生が上手に拾い上げてくれる。

検索窓にキーワードを入れれば、答えに近いサイトがでてくる。

 

ほしいものが、ほしいわ。

コピーライターとして有名な糸井重里氏のキャッチコピー。

「ほしいものが、ほしいわ。」

これは西武百貨店のキャッチコピーだ。

このキャッチコピーに代表されるように店頭で売っているもの。

それは、自ら検索しないモノ、その店舗が選りすぐりのものを紹介してくれる。

「欲しい」と思う何かが売っているのが西武百貨店ということだろう。

 

ネットのメディアとは正反対で、これはどうですか??と提案してくれる。

それがリアルなのだ。

 

 

検索での限界

ネットは「検索」という素晴らしいシステムを使い、欲しいものをどんどん取り寄せてくれる。

リアルは、欲しいとぼんやり思っているものを、目の前でハッキリと見せてくれる。

だからこそ、ネットで検索されないようなモノの価値が下がっていく。

 

さて、清田いちる氏が紹介してくれた20のブログや記事。

これに出会う為にはどうしたらよいのだろうか。

検索で調べることが一番なのだが、そこにたどり着かないこともある。

 

だからといってキュレーションメディアが優れているかといえばそうではない。

どこかで、そういった素晴らしいモノに出会う機会を作らなければならない。

 

 

リアルがネットをつないでくれる

今回、氏の講演を聴講したことで、僕は素敵な20のブログや記事に出会えた。

また、講演の後で氏のブログにアクセスしたことにより、12のブログや記事にも出会うことができた。

これは氏の心遣いだろう。

 

そうやって、僕は良いものに出会っている。

検索でなくても出会えたこと。

それはネットからではなく、リアルからアクセスしたからだ。

たまたまその先にネットがあっただけ。

 

正直なところ、ブロガーズフェスティバルに行くまで、清田氏のことも知らなかった。

記事は読んだことがある。

が、誰が何というサイトで書いていたのかまでは知らない。

 

 

出会いが出会いを導く

リアルのイベントに行ったから、清田氏との出会いがあり、その出会いが20+12のブログや記事の出会いを導いてくれた。

 

検索だけのスタイルでは、どこかに限界があるのだ。

新しい刺激をもらうためにも、リアルからの情報源というのは非常に大事なこと。

 

清田いちるさん、ブロガーズフェスティバル2016の関係者の皆さま、他の登壇者の皆さま、貴重な機会をありがとうございました。

 

コカ・コーラ リアルゴールド 160ml×30本

コカ・コーラ リアルゴールド 160ml×30本