ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

やぎろぐ、キャンピングカーから降りるらしいぞ

 こんばんわ、スズキです。

あの有名なやぎろぐの八木さん、キャンピングカー生活に区切りをつけるらしい。

www.jimpei.net

4ヶ月だったそうで。

こうやって、スパッとやめられるパワーもすごいものです。

すぐやること、決断力が早いことは強みになりますよね。

 

こうなることは、なんとなく想像していた。

という方もいらっしゃるかもしれません。

「キャンピングカーなんて」と言っていた人もいるでしょう。

 

でも、やってみないと分からないことがある。

やっぱり自分でやってみることは、説得力も伝える力も違ってきますよね。

目で見ること、自分自身が感じること、それに敵うモノはないでしょう。

 

八木さん、少しの時間とそれなりのお金がかかってしまったけど「合わない」ということを知れたのは大きな成果ですよ。

もし、キャンピングカーに乗らず、所有せずにいたとして、いつかは乗りたくなる可能性がある。

それが30歳、40歳かもしれない。

 

長年持ち続けてきた夢だからこそ、勝手に妄想しながら色々と良い方向に考えてしまう。

いざその夢が叶ったときに、、、、、こんなはずじゃなかった。と思うなら、さっさとやってしまって、白黒ハッキリさせることは「若さ」最大のメリットでしょう。

 

また、あのときやっておけば、あのとき夢を追っていれば。

と思うこともやってくる。

だから、さっさとやっておけばいい。

そこに納期を決めておけばいい。

ここまでやったら満足。

こうなったら、さっさと辞めよう。と。

 

hatena.aco-gale.com

 

 所有することで満足すると書いてありましたが、ごもっともかもしれません。

夢の秘密基地みたいなものですよね。

憧れのアレが手に入ったら。

それを考えただけでワクワクしちゃいます。

 

そんな素敵な夢を叶えただけでも、素晴らしいことだ。

いろんな人に色々言われていたけれど。

また、キャンピングカー生活を引退することで、あーだこーだ言われるのでしょう。

そんな注目される人生も楽しそうです。

 

ただ、そんな中で、スパッと辞めることを言えることはすげぇ、本当にすげぇ。

周りがどうこうじゃなくて、自分の思いのままにというところ、すげぇ。

迷惑かけないなら、思うがままでもよいのかもしれない。

自分が勝手に思っているだけで、そんなに注目されていないことが多い。

 

もっと自分がやりたいようにやる、やめたくなったら辞める。

そんなフレキシブルな生活、考え、振る舞いに憧れてしまいます。

 

やめたければ辞める、当たり前のことだけれど、それがなかなかできない。

周りの目、投資した金額などなど。

どっちつかずになるなら、こうやって辞めてしまうのが一番かもしれない。

 

やぎろぐの次に期待。