ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

いつか日の目を見るから。とりあえずやってみればいい。

こんばんわ、スズキです。

デジカメを買ってから、いろんなモノを撮影しました。

風景だったり、人だったり、乗り物だったり。

 

その写真、ただ撮るだけでは面白くない。

どこかで使ってほしい。

と思っているんですけどね、使ってくれた人がいたんです。

加工をしてくださって、うまく使ってもらえました。

 

僕が思っていた以上に楽しく面白く仕上がりました。

新たな一歩のスタートです。

 

写真を撮り始めて、デザイナー界隈の人とつながりができて。

いろんな人がポートフォリオを見てくれるようになって。

いつの間にか僕自身がデザインや、絵が好きになっていった。

 

僕自身、写真を撮ることは好きだったけれど、その対象は風景や日常の一コマが多かった。

ある時、人を撮るきっかけがあって。

それもモデルさんとかではなく、ただみんなの写真を撮っていただけ。

その対象が人だったというだけ。

 

たったけれど、僕のポートフォリオを見たみんなが、人の写真がキレイだと言ってくれた。

僕自身、そんな気持ちが無かったのだけれど、人物の写真の良さを少しずつ気付かせてくれた。

とりあえずカメラを買ったからたくさん撮った。

それをいろんな人に見せびらかした。

そこから素直な感想をもらった。

 

なんでもやってみればいい。

やってみて、周りに言って、反応をもらう。

そんな繰り返しで、僕のカメラに対する思いが変わった。

 

僕はコミュニケーションを取るのが苦手。

コミュ障じゃないかとか、空気を読みすぎているとか、そんなことを感じる。

でも、カメラがうまく間を取り持ってくれている気がするのだ。

好きなことをやってみたらうまくいった。

これでご飯を食べていけるくらいのレベルになったかと言われれば、まだまだ足元にも及ばず。

ただ、好きなことが一歩飛び出た感じがしている。

 

どこかで遠慮していたようだ。

もっとゴリゴリとアピールしていかなければいけなかった。

そうじゃないと認めてもらえないし次のキッカケがもらえない。

「好きなことは好き」と大きな声で言う。

どのくらい好きなのか、しっかりアピール。

いつでも自分の好きレベルを分かってもらえるような準備をしたり。

手元に宣伝できるようなモノを用意しなければならない。

 

そういったモノを携えて、僕の好きなことをアピールする。

僕の場合はそれがカメラだったということ。

好きなことをやり続けて、周りにどんどんアピールしていって。

いつか、それが実る時が来る。

 

その瞬間のチャンスを逃がさない為にも、好きなことはやってみればいいし、アピールすればいい。

カメラ好きをアピールしていて本当によかった。

 

 

大好きなことをやって生きよう!

大好きなことをやって生きよう!