ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

真剣な作品は時間を止める

時間を止めるような作品を作りたい。

真剣なモノ、真剣な眼差し、そういったものをどれだけ見てきただろうか。

その作品が真剣かどうか、それは受け手の時間が止まるかどうかだ。

 

時間が止まる時、人で言えば呼吸が止まるとき。

そんな作品にどれだけ出会えるだろうか。

 

一目見た瞬間に息が止まる。

吸い込まれていく。

心が締め付けられる。

 

そんなモノに出会いたい。

 

とりわけ、僕は写真が好きだ。

だから写真から感じるモノを大事にしている。

Instagram、ツイッター、ブログにアップされている写真。

息が止まるような作品には、なかなか出会えない。

 

そういう真剣な写真に出会えなくても、微笑ましいもの、暖かいものには出会える。

特に人がターゲットになっている写真、それもすごく自然なものほど、人間としての暖かさ、温度が伝わってくる。

 

ペットの写真や料理の写真。

そういったものにも、強く惹かれるものがある。

 

が、料理の写真については、残念な写真も多い。

「料理をしました」という写真。

作った料理が写っている写真。

 

プロに近い人が作っても、ハレの日の料理ではなく「ケの日」の料理だからか、しまりがない写真が多い。

本当はおいしいんだろうな。

と思ってはみるものの、手抜き感が伝わってくるものは、残念な気持ちにさせる。

 

息をのむような素敵なもの。

ため息が出るような残念なもの。

 

同じようにカメラを構えてできた作品なのだろうか。

 

 

チャンスはそこらへんに転がっている。

それをどれだけ活かすことができるか、それがこの先の大きな違いになる。

その一つの作品、モノに対して、どれだけ真剣に取り組むことができるか。

全神経を集中させて、一つの作品を作り上げることができるのか。

 

シャッターを切るときに、息が止まっているくらい集中している時がある。

そういった写真は、空気が止まっているように写る。

笑ってとった写真には、笑顔がついてくる。

 

写真には、カメラマンが写らないのに(鏡の前など、例外はあるが)

その人を映し出してくれているような作品になる。

 

息が止まるくらいの素敵な写真、素敵な作品。

そういったモノにたくさん出会いたい。

 

本当に息が止まる、足も止まる、時間も止まる。

作品を見たときに、その作品と自分だけ、その空間に作品と自分だけ。

そんな瞬間がくる。

音も聞こえない、視界も狭まり、ピタっと止まる。

 

息が止まっていることに気付かなくて、苦しくなってくる。

その苦しみと、作品から伝わってくる苦しみ、張り詰めた空気が混ざり合う。

それを超えたとき、ようやく現実に戻ってくることができる。

 

時間を止めることは難しい。

ドラえもんの道具でもあれば別だが。

ただ、そこに真剣な作品があれば。

 

時間を止めることができる。

時間をまで操れるような、そんな作品を作っていきたい。

 

 

Q&Q ストップウォッチ スプリット 計測 カウントダウン タイマー 付き HS44-001

Q&Q ストップウォッチ スプリット 計測 カウントダウン タイマー 付き HS44-001