読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【ネタバレ】「君の名は。」から感じる映画の難しさ。

君の名は。

あ、僕はスズキって言います。

 

映画が苦手

僕は映画が苦手だ。

2時間もの時間を拘束されるのが苦手。

特に、映画に没頭していなければどうすることもできないところ。

本を読んだり、スマホを触ったり、別の時間の過ごし方ができない。

真っ暗な中、2時間拘束されるのが苦手だ。

その苦手を乗り越えようと、巷で話題の「君の名は。」を見た。

 

f:id:acogale:20161020183329j:image

 

 

 

 

感想

率直な感想。
「・・・・で??」
という気持ちだった。


僕は監督についても詳しくないし、映画の鑑賞も苦手だ。

だから、一度見ただけでは受け入れられなかった。

伝えたいメッセージを受け取ることが出来なかった。

 

音が気になる

気になったのは映画というより、その「音」について。

何も知らずにとりあえずチケットを買い、席に着く。

映画が始まって、初めてこの映画は「アニメ」だということを知った。

 

そのくらい知識も関心も無かったということ。

RADWIMPSの曲で始まったこの映画、BUMP OF CHICKENみたいだなぁと。

レビューと同じ感想を持つ。

 

その「音」について言うと、セリフの圧力を感じる。

映画の作りなのか、映画館の作りなのかは判断できない。

 

 

 

音に押しつぶされそうな圧力

スクリーン裏からだろうか、一般的にはセンタースピーカーからセリフの声が出ているのだが。

それがスクリーンの全面サイズそのもので飛び出てきている印象だった。

小さい声も、音は小さいものの、その音像がデカい。

圧力を非常に感じるのだ。

弱々しいセリフも、ドカーンとした圧力で聞こえる。

 

また、セリフとセリフの間も、非常にデッドな印象を受ける。

そんなに静かな空間なのか??

もっと雑音が混じっていないのだろうか、そんなことを考えていた。

 

音の不快感が映画の初めから終わりまで続く。

この映画だけのことなのか、アニメ映画にありがちなのか、見に行った映画館のクオリティなのか。

そればかりは、判断できない。

別の映画を同じ映画館で見たり、君の名は。を別の映画館で見て原因の切り分けをする

ことが必要だ。

 

 

話の内容に戻すと、、、

話の内容で言えば、伏線とボリューム感が気になる。

どこが決め手になるのかは、見た人の印象だと思うが、もう少し丁寧に描いてあげてもいいのでないかと。

特に映画だと、さらさら流れていくので巻き戻すことができない。

これが「何度も見たい」という気持ちに繋がるのかもしれないが。

 

 

時差にやられる

3年の時差があり、ころころ入れ替わるところ。

そのタイミングも本当は描かれているのかもしれないが、僕は気付かなかった。

「テルマエ・ロマエ」みたいに水辺で溺れてタイムスリップとか。

「いま、会いにゆきます」みたいに、ある期間のタイムスリップでないと、ちょっとついていけなかった。

 

全体的に難しい映画だという印象。

酒を飲んでずっこけて、溺れていくようなシーンは苦手な演出でした。

線が薄いタイプの絵は苦手です。

 

 

気になるのは「ドア」

ただ、せっかくだからもう一度見ても良いと思う。

伏線になるようなモノがたくさんあったのだろう。

 

例えばドアのシーン。

ドアが閉まるシーンの描写が丁寧に描かれていた。

横向きに、しかも足元で見えるように。

これには何か意図があったのか。

 

電車好きにはいい描写

電車はキレイに描けていたなぁ。

東京も名古屋駅も飛騨古川駅も。

名古屋駅での特急ひだ、貫通扉側が前になっていた。

特に名古屋界隈で生活している僕にとっては、ドキドキするシーンだった。

 

気になる気になる症候群

そういう意味で、次に気になるシーンというものがたくさん。

アニメだからこその細かな描写を、もう一度見てみたい。

何度か登場してきた歩道橋や、四ツ谷駅にはどんな意味があるのだろう。

どうして飛騨への旅行に奥寺先輩が一緒なの??とか。

1,200年前の隕石でできた凹地は、あんなに簡単に行けるものなのか。

資料館なんかあるのかなぁ、なんて。


基本的に僕は脱線しがちなんです。

映画の核になるようなところは楽しめない。

性格の問題だと認識していますが、どうしても没頭できないんですね。

 

 

あと3度は見ないと理解できない

いい映画でしたよ、たぶんね。

全てを通して、何か得るものがあったかと言われると困る。

これは何をお土産にしたらよいのか分からなかった。

 

愛?? 友情?? 夢?? 家族?? 運命?? 出会い??

 

監督についてもっと知ってみたり、いろんな映画を見る中で、これは解決していくのかもしれない。

あと3回くらいは見てもいいと思う。

楽しめなかったのは、僕の経験不足ということでしょう。

どなたか、ご都合の良いタイミングがあればご一緒しましょう。