ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

継続は宗教だ。信じて信じて信じまくる。

f:id:acogale:20161026232418j:plain

 

スズキです。

昨日書いた記事に物言いが

 

あぁ、その通りなんですよね。

その場の気持ちで盛り上がってしまいましてね。

自分を見失った感がありますね。

そうやって言ってもらえることに感謝感謝です。

 

 

 

 

ブログを書き続けるには。

ブログをたくさん書くぞ!!と思うと、何でもネタにしたくなる。

それが良くないわけで、クオリティがどんどん下がっていく。

コレじゃダメだ。というわけですが、書き続けるにはどうしたらいいのか。

もう一度、ここをしっかり考えてみたいと思います。

 

 

生活のリズムに組み込む

ブログにしろ、ウォーキングにしろ、英語の勉強にしろ、それを「やろう」と思うことは難しい。

だって面倒だし、つまらないし、やりたくないじゃん。

それを「面白い」とか「楽しい」とか無理矢理思うことはストレスになる。

時々楽しい時、面白い時というのはやってきます。

が、毎日毎日楽しいわけではなくて。

 

だからこそ、これは生活の一部にするしかない。

継続させる為に、続ける為にやることは「習慣に組み込む」ことです。

歯磨きに毎日ワクワクする人います??

外出するときに靴を履くことにワクワクする人います??

当たり前のことだと思うこと、当たり前の習慣に取り込むことが大事なんです。

 

 

正解が無くてもいい

実際にそれらを習慣に組み込んだとして、どうなるのか。

そんなことは分からないんです。

やってみて、時間が経って、ようやく結果がわかる。

だから、やるしかないんですよね。

机上の空論である程度は未来が見えるかもしれないけど、その答えはやってみないと分からない。

 

もちろん、それがピッタリ当てはまるかどうか、分からないから。

正解が無くても大丈夫。

失敗だったら、それが分かることが正解なんだから。

 

 

見えないものにしがみつく

正解が無いと分かっていて、そこに挑戦する。

何を頼りにすればいいのか分からない。

その見えないモノを信じて、それにしがみついてやっているところが多い。

見えないモノだからこそ、不安がつきまとうが、そこにしがみつくしか無い。

 

 

まさに宗教的思考

信じる、信じてやる。

とにかく信じるしかない。

理由なんて無いし、結果がどうなるか分からないけど、それを信じる。

信じたらさ、うまくできそうな気がするんだよね。

 

まさに宗教だ。

「これを信じると、あなたは幸せになりますよ」

 

自分のやっていることを信じることが第一歩。

何かいいことがあるから、どんどん信じてそこに向かっていきたい。

そうしたら、うまくいく。

かもしれない、けど信じよう。

 

自分自身を信じる「自分宗教」で次のステップにいこうじゃないか。

 

 

まとめ

その行動によって、直接的な成果がでるわけではない。

「継続すること」を続けることで、何かが見つかるんじゃないかなぁぁぁって。

宝探しをするために、自分を信じてもうちょっと続けてみようぜ。