ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

やっぱり結果が出ない。という結果が出たという話。

こんにちは、スズキです。

自分が興味のある分野で成功している人がいるとします。

過去の栄光ではなく、現役で成功している人です。

 

そういう人に「僕はどうやったら成功するのか」相談をすることがあります。

親切丁寧にアドバイスをして頂くのですが、それをやらないことがあります。

 

この基礎トレーニングは大事だから、毎日やったほうがいい。

見直しができるように、記録しておいたほうがいい。

ちゃんと時間を作って、そこでやるほうがいい。

 

いろいろなアドバイスをもらって、それをちゃんとこなしている人はどれくらいいるのか。

 

 

僕自身は、10個もらったアドバイスがあったら2~3個くらいしか実践していない。

考え方の違い、スタイルの違い、自分の中の好き嫌い。

そういったものをフィルターにして、自分の都合の良いものしかやらない。

 

それでも、数個のアドバイスを取り入れるのだから、結果は出てくる。

少しの結果が出てくるときに、改めて気づくのだ。

 

10個のアドバイスを信じていれば、3倍も4倍も結果が出ていた。

 

ある程度の結果が出るようになると、初心者のころとは違った見え方ができるようになる。

そうすうると2~3個のアドバイス「しか」取り入れていないことが、すごく無駄に思えてくる。

あぁ、やっぱり師匠の言うこと、先輩の言うことは正しかったんだ。

と、その時点で気づくのだ。

 

別に師匠や先輩のことを信じていないわけじゃない。

けれども、自分自身のプライドや、考え、そういったものが邪魔をして100%素直に信じることができないのだ。

それよりも「オレお個性が大事だ!!」とか言い出す始末。

 

徹底的に言われたことを実践し、徹底的に真似ていたら、もっとステップアップできたであろうと、今になって思うわけで。

 

言われたことを、素直に、スピーディーにやることが、一番の結果を生むだろうし。

それをしないと、結果が出ないんだ。

という結果を、自分自身で体感したのだ。

 

失敗は成功のもと

「結果がでない」=「失敗」ということだが、その失敗から改めて気づくことができた。

本来望んでいた結果は出なかったけど、「結果がでない」という結果を得ることができた。

 

仮に10個のアドバイスを、右から左に聞き流していただけならどうだろうか。

外的要因のせいにして、自分自身の内面に反省することはなかっただろう。

 

タイミングが悪かった、世の中が悪かったと言いながら、もみ消していたかもしれない。

 

少しのアドバイスしか取り入れなかったことで「もっとやらなきゃいけない」ということが分かってきたのだ。

それには多少の時間がかかってしまったが、今までより一層、素直になろうと思うことができた。

 

小さなアドバイス、自分自身がくだらないと思うかもしれないアドバイス。

そういった小さな声を、愚直にやり続けることが、成功への近見になのかもしれない。

 

 

大人への近道

大人への近道