ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

新しい仲間が増えた2016年3月

こんばんわ、スズキです。

過去を振り返りシリーズ。

2016年3月。

 

 

いろいろと大きく環境が変わった1か月だった。

仕事では異動があって勤務地がちょこっと変わった。

プライベートでも「ブログ仲間」っていうのができた。

一人で、ただひたすら書き続けるところから、仲間の存在をもらったのだ。

 

仕事

新しい環境の部署では、ネットメディアを扱っている部署。

ブログを始めていてよかったなぁって。

PVとか、UUとか、CVとか。

そういったものを聞いただけじゃ、さっぱりわからない。

はずだったが、ブログを書くことで、そういった情報をたくさん得ることができていた。

 

知らず知らずのうちに、今の部署に馴染む準備ができていたのだ。

これは、僕の中で大きな成長で、大きなポイントだった。

 

アナリティクスの話、タグの話、SNSの話。

こんなにも仕事で扱うなんて、思ってもみなかったから。

 

ブログを書いていることは、周りに言っているわけではない。

だから「そういった経験を積ませてやろう」という会社の思惑でもなんでもなく、ただの偶然だったということ。

 

 

プライベート

ブログを通じて、多くの仲間ができた。

積極的に周りと交流しようと。

自分の殻に閉じこもっているのはダメだと思ったのも、このころ。

今でも多くの方に仲良くしてもらい、その後も知り合いがたくさん増えている。

 

多くの人と知り合うことで、新しい考え、新しい趣味、新しい風を感じることができている。

積極的に外にでなければ、つまらない男になっていることだろう。

自分だけの世界で、自己満足に溺れながら、マスターベーションのような人生になっているはず。

 

 

よくでかける

新しい空気を得るために、積極的に外に行ってやろうと。

毎月、東京と大阪に行ってやろうと決めたのも3月だった。

10か月の間、東京へは毎月行くことができたし、電車やバスにも慣れた。

 

が、大阪は挫折。

10か月のうち半分くらいは行けたけれど。

 

どちらにしても、名古屋では感じない、新しい何かを得ることができた。

特に美術展、展示会は、名古屋よりも大阪、大阪よりも東京での開催が多い。

比較にならないほど多い。

無理にでも東京まで行ったことが、新しい視野を提供してくれたのだと思っている。

 

 

予定を立てることにした

今までは、なるようになる、適当になんとかなる。

というスタンスだった。

 

誰に会うのも、偶然偶然とか思いながら、予定なんて立てない。

それは、普段は自家用車に乗りながら、適当な友人と遊んでいたからだろう。

 

それがいつの間にか、予定をしっかり立てるようになった。

相手がいるから、仲間がいるから。

車をやめて電車やバスでの移動を考えるようになったから。

そうすると、予約が必要で、ある程度の準備が必要になる。

 

 

やっぱり予定は立てなきゃ。

そう思って、グーグルカレンダーや、スケジュール帳を使うようになった。

 

それまでに気付かなかったこと。

よく「今月は、土日の予定が埋まってるから無理だよ」と言って断られたこと。

「そんなバカな」と思っていたけれど、自分が予定を調整するようになったら。

土日の予定がどんどん埋まっていく。

 

その日暮らしのような予定を立てていてはダメなんだな。

誰か相手がいるときは特にダメなんだな。

と深く反省するのである。

 

 

3月は変化

3月は大きく変化することが多かった月。

環境にしても、考え方にしても。

これをやってやろう!! 強く決めたことも3月だった。

 

今の自分は日々の積み重ねだと。

小さなことがどんどん積み重なって、今になっている。

ということを、今になってようやくわかる。

 

継続は力なり

という言葉の重みを知ったのだった。

 

 

そろそろ本気で継続力をモノにする!

そろそろ本気で継続力をモノにする!

  • 作者: 大橋悦夫
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2007/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 3人 クリック: 70回
  • この商品を含むブログ (39件) を見る