ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【駄文】ストレスを感じるとき、感じないとき

スズキです。

朝からストレスです。

 

「タイミングが悪いとき」というのは、ここまでタイミングが悪いのかと。

とにかく鬱陶しいことが重なっています。

「わざわざ邪魔をしなくてもいいのに」と、勝手に被害者ぶっています。

 

どこかで何かの歯車がズレてしまったのか。

どこかで何か変なモノを連れてきてしまったのか。

 

絶不調な日は、絶不調なんですよね。

それも、自分が原因でないものが多い。

 

たまたまパソコンが動かなくなったり、たまたま乗っている電車が遅延したり。

たまたま、たまたま、ということ、それが一日に重なってしまう。

 

逆に絶好調な日があると、まるで追い風が吹いているかのごとく、何でも上手く行く。

 

確かに、どこかで感じ方の問題があるのは理解しています。

コカコーラが飲みたくて自動販売機に買いに行ったら、ペプシコーラしかなかった。

 

調子が良いときは「まぁペプシでもいいや」と思うのだけれど。

そうでないときには「どうして売ってないんだよ」と思うわけで。

感じ方、受け捉え方に、大きく差がでているのは確かな話しです。

 

何が言いたいかというと、僕自身が今日はストレスを抱え込みまくっている。

とにかくイライラしているんので、触らない方が良いです。

 

 

自分一番の完璧主義

どうしてストレスが溜まるのか。

完璧主義なだけです。

そのどこかが欠けたり、崩れたりすると、イラっとするわけで。

大きな目で見たら、そんな細かなところ、どうでもいいんです。

そのどうでもいいことも分かっているので、余計にイライラするわけです。

自分の中での板挟み的な。

 

それ自体が、自分のコンディションの指標なのかもしれないけど。

願掛けとまでは言いませんが、予定通りにモノゴトを進めたいと思う気持ちが、先行し過ぎてしまっているのでしょう。

 

気にしないことでストレスは減るものの

完璧が好きな人にしてみれば「気にしない」ということが難しい。

全て、全てのことが気になるわけではなく「こだわりのある一部」のことなんだけれど。

気にしないと、また別の「気になる」が出てくるだけで、堂々巡りになる。

 

 

解決方法もある。

このモヤモヤの解決方法があるとすれば、それは「どちらかに振り切れる」ということ。

もっと完璧になればいい、それか「徹底的に気にしない」ことに完璧を求める。

入念な下準備、何かあったときの冗長性、そういったものを重ねていけばいくほど、完璧度が増す。

ということは、ストレスが発生しにくくなる。

 

それか「気にしないこと」を一番に、「それが守られていること=完璧」という思考にする。

 

 

つまりのところ、頭と行動のアンマッチ。

考えていることが100%実行できていない。

これがストレスの原因だ。

思っていることの通りに行動できない。

 

全く分からない方向に進み、全く分からない結論で着した感があるが、いつかこれに気付く日がくることを願って。

 

つまり「ちゃんとやれ!」ということ。

 

キラーストレス―心と体をどう守るか (NHK出版新書 503)

キラーストレス―心と体をどう守るか (NHK出版新書 503)