ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ずいぶんと楽をさせてもらった肉の会

土曜日に肉を食べてきました。

blog.aco-gale.com

うまかったですよ、大満足ですよ、本当に。

 

誰かに食事に誘ってもらったとき。

しかもその相手が、行く予定のお店に詳しいときは、わざわざ調べることはしません。

「どんな評価なんだろう」「SNSでの評価はどうなんだろう」ということは関係なく、「あいつが誘ってくれたんだから大丈夫だ」と思うようにしています。

 

結果、今回も大満足だったわけですが。

後々調べてみると、なかなかスゴいお店だったようで。

 

20~40名ほどの貸切が条件だったり、半年以上先まで予約で埋まっていたり。

 

参加費だけ握り締めてフラっと参加したわけです。

2ヶ月ほど前に誘って頂き、僕は「行きます!!」と返事をしただけ。

こんなに楽をさせてもらっていたんだと、後から気づいたわけです。

 

参加者として行くのは非常に楽チン。

でも主催者だとしたら、あれこれ考えることが山盛り。

イベントの主催を生業にしているのであれば、手数料を徴収するだけですが。

 

仲のいいメンバーだったら、手数料も無しでお店に書いてあるその値段をそのまま参加費として払うだけ。

だからこそ、みんなが寄り添わないといけないんだなと気づきました。

(今回参加した誰かが横着していたとか、そういうことではありません)

 

お友達料金でやってもらうというのは、こういうことなのでしょう。

お店が良かっただけでなく、場の雰囲気として居心地の良い空間だったと思いました。

 

f:id:acogale:20180416124759j:image