ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

30%くらいのパワーで働けるのが理想

会社員をやっていると色んな仕事に出会います。

  • 一定数のものをこなせばいい仕事
  • クライアントに振り回される仕事
  • 前工程、後工程がシビアな仕事

業務の精度も、業務の量もありますが、僕の中では30%くらいのパワーで働きたいと思うのです。

 

「お客さん」という存在

それは対企業かもしれないし、一般消費者かもしれない。

ある程度、お客さんに対して柔軟な姿勢が必要なとき、バッファを持っておく必要がある。

その担当者が少なければ少ないほど、一人が用意しておくバッファの量も増える。

30%くらいのパワーで働くということは、70%がバッファになるような感覚だ。

 

30%のパワーと聞けば、生産性が低いと思うかもしれないが、振り返り、見直しをするリソースや、急な対応をしなければいけないときには、そのくらいの余裕がほしい。

 

ただ、ずっと30%というわけにもいかないので、30%まで圧縮できたら、50%の仕事をやる。20%分の圧縮をして30%に。

という繰り返しになるだろう。

 

無駄なことを見極めて、調整して、業務をこなしていく。

 

それがチーム作業だったら。PMのような人がコントロールしてくれるし、チーム全体でバッファを持っていればいいので、60%くらいで働くのがいいのかもしれない。

 

業務がてんこもりにならないように、急な依頼にも対応できるように。

30%くらいを心掛けたい。

 

ちょうど今の自分がそのくらいの割合だ。

やらなきゃいけない業務が30%ほど、来期向けの提案や簡易な分析が70%。

クライアントからの依頼にもこたえられるし、自分のペースも守ることができる。

 

もっと小さな幅での"働き方"も重要みたいだ。

 

 

99%の会社はいらない (ベスト新書)

99%の会社はいらない (ベスト新書)