ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

Appleの発表の裏で、僕はVAIOと戦っていた

締め切りに追われる生活をしていたので、深夜作業になってしまった。

昔からお尻に火がつかないと動き出せない性分なので、いつも締め切りはギリギリに。

それは大人になっても、30歳を超えても変わらず、今日も締め切りに追われていた。

 

いつもなら静かなツイッターのタイムラインも、なぜか騒がしい。

それもそのはず、Appleが新型iPhoneの発表会をするというのだから。

日本時間では午前2時。踏み切りに望遠鏡を担いで行っている時間帯だ。

 

お金のかかっているであろうオープニングムービーから、Apple Watchの発表に。

サイズが大きくなり、転倒時に緊急通報する機能や、心電図を計測する機能が備わっているとか。

 

Apple Watchで盛り上がったあと、次に待っていたのはiPhone。

iPhone Xs (小文字なのか、スペースが必要なのかまで理解できていない)の発表だった。

噂されていた通りの新iPhoneだった。

 

世界中がiPhoneで盛り上がっていたとき、僕はVAIOと戦っていたのだ。

 

少し前から持ち運びに便利なパソコンを探している。

1kg程度でSIMが刺さるもの。

この条件に当てはまる機種は、数種類しかないのだ。

その中のひとつにVAIO S13がある。

 

何度か店頭でチェックし、ソニーストアでもチェックし。

買うならVAIO S13だと決めた。

 

問題はコストだ。

i7に16GBのメモリ、満足するスペックで見積もると214,800円(税抜き)

ちょっと躊躇してしまう金額になる。

そこから抜け出せない魔法にかかってしまったのか、購入ボタンを押すことができない。

 

でも購入するなら、このスペックは譲れないのだ。

普段から接するパソコンだからこそ、上級グレードにしておきたい。

 

そんな折にSurfaceGoが発表された。
SIMが刺さるモデルはいくらなのか、正式な発表がないものの、10万円前後と過程したら。

10万円でSurfaceGoを買い、10万円でデスクトップPCをアップグレードする。

なんてこともできるのだ。

 

仮に25万円、手元にあったとして。

10万円のモバイル端末と、15万円のデスクトップPCなら。

それはそれで、満足のいく組み合わせになるだろう。

 

ハイスペックなノートPCにするか、ちょうどいいところでモバイルとデスクトップを強化するか。

と迷っていたのだけれど。

 

Appleの発表会を見ながら、勢いでVAIOを買ってしまいそうになった。

買うか買わないか、猛烈に戦っていたのだ。

 

買えば幸せになるのは分かっているのだけど、その一歩が踏み出せず。

ただ、直近の資金繰りを考えると。今じゃないというのが正直なところ。

 

Appleが新機種発表している中、僕はVAIOと戦っていた。

本気で攻めるとするなら。年末ごろを目安に何かしら手に入れてるような気がする。