ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

やってみなきゃ分からない。頭で考えすぎていたこと。

 いろんな人に、いろんな話を聞きたい。

インタビューをしたい気持ちは、つまみ食いからでした。

 

今回、無事に1記事書き上げることができたので、記憶に残しておこうと思います。

 

aboutalk.com

 

インタビューサイトで有名なanother life.さんの記事を読みながら、どうやったら近づけるのか、なんて考えていたこともあります。

とりあえずやっちゃえ!!という気持ちのもと、随分と時間がかかりました。

学べば学ぶほど、負のスパイラル。

 

新しく作ろうとしていたサイトのドメインは昨年12月の取得。

今年の1月には、るってぃ氏の

【門外不出】最後まで読者に読んでもらえるインタビュー記事執筆マニュアル

というnoteを買っていた。

 

なるほど!と言うことが書いてあるけれど、そこに自分の文章を近づけていくのが難しい。頭では分かっているけど、形にできないもどかしさ。

全く進んでいかないわけです。

 

これって、何かに似てる。

多くの人が、同じように困っているんですよ。何かを始めようとして、参考書や教材から学んでいるうちに意味分からなくなる。

結局、何も始まらない。

 

ブログについてもそうでした。とにかく書いてみないと何も分からない。と言っていた自分が、手詰まりになる。

いろんなことを少し忘れて、テクニックより気持ちで。

一気に書き上げた1記事が、ようやく完成したわけです。

 

インタビューの依頼をし、日程のお約束をして、取材する。

それを書き起こし、WordPressに入稿して、インタビュイーの確認をもらう。

 

それだけのことが、なかなか難しい。

ひとつひとつはすごく簡単で、ただやればいいだけ。

頭では分かっているのだけど。理想があるから、知識があるから、全く進んでいかなかった。

 

今回、無事に1記事リリースできました。

次はこれを運用していくこと、取材して記事にする、その繰り返しの中で余裕がでてきたら、テクニックについても考えるときなのでしょう。

 

ブログで記事を書くようになって2年半以上たっても、まだまだ初心者なことがあるようです。

・自分の気持ちを書くこと

・何かを体験してきたことを書くこと

は身についてきたので、次は

・誰かの意見を、きっちり発信できること

を目標に、日々活動していきます。

 

今回、取材させて頂いたシェフガッキーさん、貴重な機会と初心に戻るきっかけを与えてくださってありがとうございました。

 

aboutalk.com

 

f:id:acogale:20181121164743j:plain