ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

憧れのあの人に会えた喜びを忘れてしまったのか

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

 

プロブロガーのヨスさんの記事でハッとさせられたので、ここに綴っておきます。

yossense.com

 

その中の一文

それが、新しい人に出会えること。ブロフェスに参加する価値というのは「人に出会うこと」にあるのだ。

この一文に、僕の記憶が揺さぶられたんです。

 

2016年のブロフェス

ブロガーズフェスティバルという大きなイベントが2016年9月にありました。

実は何度も開催されているようなんですが、僕はその時が初めてでした。

 

誰と待ち合わせるわけでもなく、一人で乗り込んだ記憶があります。

幸いなことに、会場には知り合いが何人もいて、いくぶんか安心できました。

 

もちろん大物ブロガー、ベテランブロガー、憧れのブロガーさんもたくさんいるわけで。

画面の向こう側の人にお会いすることができたんですね。

 

アノ人に挨拶できた

そこでご挨拶できたのが、先のブログを書いていらっしゃるヨスさんだったわけです。

突然お声がけしたのにも関わらず、足を止めてくださって「頑張ってね」と声をかけて頂けたわけで。

たしかに「人に出会うこと」ができた場所だった。

 

先輩ブロガーの厚みのあるブログにしろ、一気に抜き去っていった敏腕ブロガーのブログにしろ。

僕が何度も何度も読んでいたブログを書いている、その人が目の前にいることに感動したのだった。

 

こんなスゴい人がいるんだなぁ、と。

 

人と会うことは重要で

その人に会ったから何になる。

と言われれば、それまでかもしれない。

結局は自分自身がやらないといけないのだから。

 

ふわっとしていたモノが、リアルな人を前にすることで形が作られてくる。

その先、やるかやらないかは自分次第だけど、モヤモヤの判断軸になることは間違いない。

わざわざ声を大きく言わない、その場にいた人が感じる小さなものこそが、大事なんだと思うのである。

 

僕自身の色々な経験が、ようやくつながり始めた気がする。

会いたいと思う人に会いに行く、会いたいと思われるような人になる。

 

これからも精進してまいります。

 

f:id:acogale:20170510215520j:plain