ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ポジティブなのか、愚直なのか。「雨の日も、晴れ男」を読んだ

こんにちは、スズキです。

7年ほど前にこの本に出合いました。

「雨の日も、晴れ男」

 

当時の職場の先輩からオススメしてもらった本です。

最近、改めて読み直してみました。

 

7年も前の記憶なので、ほとんど覚えていなかった。

途中で、あぁ、こんなセリフもあったなぁと。

「アレックスマイル」とかね。

 

その程度の記憶でした。

 

ただ、どこかで今の自分に足りなかった何かが見えたような気がして。

久しぶりの再会に喜んでいるところです。

 

前向きというか、楽天家というか。

そんな主人公アレックス。

悲劇がたくさん起こるんですが、それを巧みに乗り越えていく。

 

僕にとっては悲劇かもしれないけど、アレックスにしてみてばそうじゃなかったのかもしれません。

 

ある事象に対しての物事の見方は様々で、プラス方向に見る人もいれば、マイナス方向に見る人もいる。

そのギャップや考え方の違いが面白いんですよね。

理論では言い表せない何かが潜んでいるような気がします。

 

Kindleを使うようになってから、過去の本を再度読むことが多くなりました。

なんとなく記憶にあるそれを、どうして読みたくなるのか。

「今」に不安があると、どうしても過去を頼ってしまうんでしょうか。

そんな日々を過ごしながら、未来へ、過去へと前後に揺れている気がします。

 

過去と現在の感覚の違いに成長を感じ、過去のフレッシュな思い出に老化を感じる。

そういいながらも、自分の居場所とポジションの確認を。

 

久しぶりに読む本は、普通の読書以上に刺激的なのであります。

 

 

雨の日も、晴れ男

雨の日も、晴れ男