ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

環境によってアクセル派かブレーキ派か変わる

その昔、ブログには「ブレーキ派」です。と書いた記憶があります。

アクセル派の人みたいにグイグイいかず、ちょっと待った!!!と言う役。

それはそれでいいと思っていたし、不満もない。

 

ブレーキ派だから、保守派だから、それが自分の役目。

 

そう思っていたけど、そうじゃなかったのかもしれない。

 

最近は「さっさとやればいいのに」と思う。

とりあえずやっちゃえばいいのに、走りながら考えたらいいのに。

 

AかBか、という話ではなく、Aの時もありBの時もある。というのが答えだろう。

これは環境によって自分が変化する。

 

これは自分でもビックリした気付き。

 

色々と考えるのが好きな人、得意な人がいる。
とりあえず突っ走るのが得意な人もいる。

 

それは2つに分かれるわけではなく、途中のグレーゾーンがある。

その度合いによって、また周りの環境によって、自分の成長によってがらっと変わるらしい。

 

どうしても視野が狭くなるので、今いる環境が全てだと思ってしまう。

いや、そうじゃない、そうじゃないんだ。

 

ということに、気付かなければ。

視野を広く、視座を高く。

 

 

人生を変える「見る力」 (集中力、観察力、イメージ力が高まる目のトレーニング)

人生を変える「見る力」 (集中力、観察力、イメージ力が高まる目のトレーニング)