ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

足で探すことが一番ラクかもしれない

インターネットが普及して、誰とでも気軽に連絡を取ることができる。

とは言え、足で稼ぐ情報の多さにびっくりするのだ。

 

そこに時間もコストもかかっている。

誰かにお会いして話をするとき、それが道ですれ違う程度でもいい。でもいい。

欲しかった情報が一気に手に入ることがある。

 

「そういえばさ、、、」と言ってもらえる関係。

 

そうなるためには、自分自身が情報発信していないといけない。

「私は〇〇になりたい」

「私は〇〇を目指している」

「〇〇が好き」

 

自分のことをどんどん開示していかないと、相手に気付いてもらえない。

 

今の状況、これからの状況。

そしてそれを、発信し続けることが大事だと気付いた。

 

自分で発信しながら、足で探すこと。

この2つがマッチしたときに、大きなステージが待っている。

 

Aというものを探していても、ちょっとお値打ちなBがあるよと教えてもらったり。

Cならあるけど見ていく??と言われたり。

 

シャープな情報でなくなるけど、妥協できるレベルのことがたくさんある。

 

どれだけインターネットが発達しても、ベースは人と人だと思っているから。

手間がかかっても、面倒でも、そこでしか得られないものが。

 

物事が見つかるまでの過程は大変だけど。

その先の広がりまで考えているなら。

足で探すことが一番ラクかもしれない。

 

 

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則