ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

運命の人に会うには、人に会い続けること、自分を伝え続けること

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

 

運命の人に会いたい

 

それは、恋愛の対象やビジネスチャンス。

あなたにとっての運命の人も、何人かいるはずです。

 

そんな運命の人に出会うにはどうしたらいいのか。

 

結論は至極簡単で「多くの人に会い続ける」ことです。

 

会うことで得られる情報

人に会うことで得られるモノ。

それは、計り知れないほど莫大なものです。

 

相手から

「そういえば、、、、」

と、話をもらう機会はありませんか。

 

わざわざ言うほどではないけど、せっかくだから伝えておくよ

程度のことが、世の中にはたくさんあります。

 

相手にとっては小さな、わざわざ言うほどでもない情報が、僕にとっては喉から手が出るほど欲しかったり。

そのキッカケになるのは、実際に会うことなんですよね。

 

会ったら伝える、言いまくる

会っただけでは、50点。

残りの50点を補うのは「伝えまくって、言いまくる」こと。

 

  • 自分の好きなもの
  • 自分が大事にしていること
  • これからのビジョン
  • 夢や叶えたい希望

これらを、とにかく言い続けることです。

 

いつの間にか、ニックネームになるくらい。

「から揚げが大好きなスズキくん」

「カメラマン目指してるスズキくん」

 

そうやって、プラスアルファのニックネームが付くことが大事なんです。

「スズキくんってさ、いつも、、、、、、」

と言われるくらいに、自分のことを相手に伝えなければいけませんね。

 

会う+言うが最強

もっと自分をアピールしないと、気付いてもらえません。

とにかく会いに行って、自分を語りまくって、浸透させましょう。

 

自己紹介すら満足にできないようでは、チャンスを逃します。

僕自身も、つい1週間ほど前に、やらかしました。

自己紹介できず、やりたいこと言えず、チャンスを逃してしまいました。

 

最強手段を使えるようになるために、準備も重要なんです。

 

死ぬまでやりつづけたい

目標が叶ったら終わりではなく、死ぬまで会い続けて、言い続けて、自分をアピールしたい。

やり続けることで、本当の自分になれそうな気がしています。

 

「このくらいでいいや」

そういう考えを止めて、ずっとずっと追い求めて行きたいものです。

 

 自分の軸を見つけるために、この本もオススメですよ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0