ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

誕生日に何かしてあげるわけじゃないけど、誕生日のお陰で過去を整理できる気がする

6月18日

 

あなたは何人の誕生日を覚えているだろうか。

あなたは何人の誕生日から、自分自身を整えることができるだろうか。

 

人とのコミュニケーションを教えてくれたF氏。

F氏の誕生日が6月18日。

だから、毎年6月18日になると、最近はどうしているのかな、元気しているのかな。

なんて思いながら、自分に酔っていることがある。

 

自分の中にある過去の自分を引っ張り出してきて。

「そういえば、手紙の書き方を教えてくれた」とか、「そういえば、人を好きになることを教えてくれた」とか。

 

今となっては小さなことかもしれないけど、当時の自分にとっては驚くほどのエッセンスを分けてくれた。

そんなF氏のことを考えてみたりする。

 

過去の自分と話をしたり、悩んだ時に過去や未来を考えることなんて、いつでもできるのだ。

ただ、問題なのは。

「いつでもできる」ということは「いつもできない」と同じこと。

常にフラットな状態というのは、一歩踏み出せないのだ。

 

なんでもいいからキッカケがほしい。

それがF氏の誕生日だった。

 

連絡をとらなくなってから、何年も経つけれど。

それはそれでいい思い出になったりして。

たまには後ろを向きたいときだってあるんだから。

 

未来に向けてがむしゃらに動く自分もいれば、過去の自分と答え合わせをするときもある。

きっかけは誰かの誕生日だったり、何かの記念日だったり、過去に訪れた場所だったり。

忘れることが怖いから、たまには過去にしがみついてみたりする。

 

F氏に何かできるわけじゃないけど、F氏のお陰で僕は過去の自分に再会できる。

ありがとう、と思うのだ。

 

 

人間関係は自分を大事にする。から始めよう

人間関係は自分を大事にする。から始めよう