ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

仕事と趣味がつながる瞬間、最後に舵をとるのは自分

どれだけ自分は受け身なんだろう。

会社では、決められたことを決められたようにやる。

言われたことを、自分なりに解釈するけどやるだけ。

 

自分から、○○がやりたい!!と言ったことがなかったくらい。

それは、やりたいことが具体的に分からなかったから。

 

もっと冷静になって考えたら、好きなことがゴロゴロと出てくる。

出てきたそれらと、仕事との接点を見つけること。

 

いつの間にか、僕は好きなことを仕事でできるようになっていた。

好きなことのトレーニングを、仕事でやるようになった。

 

最近は文章を扱うことが増えた。

有名な著者の文章や、もっとカジュアルな文章。ライターさんが書いたような文章、いろんな文章に触れあうことが増えた。それも仕事で。

 

本を読むのは苦手だけど、文章を追いかけるのは好き。

リズムがあったり、知識が入ってきたり。

僕が文章を書く参考にしたり。あぁこんな風に書きたいなぁ。と思う著者が何人も見つかった。

 

はっきり言ってこれは趣味だ。いつの間にか、趣味が仕事になった。

好きなことだから、周囲にも認めてもらえる。当初はヘルプ要員だったが、今では中心のポジションをもらえるように。

 

今の職場は、まったくそんなことを気にしないで選んだ。

通勤経路がいい感じだったから。

ただそれだけで選んだ、いつの間にか趣味が仕事になってきた。

 

趣味が仕事になると受け身じゃなくなる。

やりたいことがいっぱい出てくるから。こんな風にしてみてはどうか、あんなツールが使える。

好きなことと仕事がマッチしたら、一気に進んでいく。

 

いつどこで何があるか分からない。それを上手にコントロールできるかどうか。

楽しく生きていくコツなのだろう。

 

きっかけはそこら中に落ちている。それを見つけて舵をとるのは、やっぱり自分だということ。

今日もまた、一歩進めそうな案件を振られた。毎日が楽しくなる。

 

 

 

会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく

会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく