ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

5万円のカメラを15万円にすると、30万円くらい必要になる

レンズが交換できるカメラ(=便宜上、一眼レフカメラとする)は、同じメーカーであればレンズを使いまわすことができることが多い。

標準ズームがセットで5万円程度で買えるエントリーモデルのレンズを、職業カメラマンが持っているような50万円以上するカメラにつけて使える。

 

使えるか、使えないか、という目線で見れば使えるものの、高級な一眼レフにエントリークラスの標準ズームをつけて使う人はまずいない。

あまりにもアンバランスすぎるから(フルサイズとAPS-Cが違うとケラれてしまったりいろいろあるけれども)

 

使える、使えないではなく、バランスが悪い。

高級な一眼レフの性能を活かしきれないのだ。

 

例えば5万円のカメラから15万円のカメラに乗り換えたら。

 

  • 性能を活かすためには、レンズ側も新しくしなければいけない。
  • ボディにレンズに新しくなると、重量は2~3倍になることは珍しくないだろう。
  • 重くなっても十分に支えられるような三脚にしないといけない。
  • ボディもレンズも大きくなったから、カメラバッグも大きくて丈夫なものに新調しなければいけない。
  • 高性能な連写機能に耐えられるだけの高速SDカードにしなきゃいけない。
  • 画素数もアップすれば、大容量のSDカードにしなきゃいけない。
  • ちょっと気合をいれたレンズを買えば、フィルター径も大きくなるので高くなる。

とにかくお金がかかる、ボディ以上のお金がかかる。

 

一眼レフカメラのボディだけ新しくなったとしても。

使えるor使えないと聞かれれば使える!!けれど。

 

満足のいく使い方をするのであれば、潤沢な資金が必要になる。

同じメーカーでレンズを使いまわせることがメリットだけど、エントリー機種から高級機種に乗り換えるのであれば、他メーカーを検討することもできる。

 

とは言うものの、高い機種はそれだけのポテンシャルがあるから、持っていてワクワクしてしまうんだよ。

 

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)