ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

SlackやChatWorkのようなチャットツールは導入されなくてもいい

チャットツールが便利だ!!という声を聞く。

クイックレスポンスで使いやすいことは間違いない。

 

メールのような挨拶などいらない。すぐに本題を話せるし、便利なツールだと思う。

 

便利だと思うのには前提条件があって、「お互いに好き」ということ。

この「お互いに好き」がない状態でのチャットツールは不要だ。

 

ビジネスも恋愛も大きな違いはない。

好きな相手からだと嬉しいし、嫌いな相手からだと無視してしまう。

 

仕事上で好き嫌いを自由にコントロールできる人はどれくらいいるだろうか。

嫌いな人からのメッセージを無視できる人は、どれくらいいるだろうか。

 

便利でクイックなモノを導入したということは、それだけ生産性がアップするということ。

レスポンスが早くなり、物事が停滞しなくなるということ。

社内で使うチャットツールだと、自席にいるかどうかも分かる。

 

だからクイックに返信しなければいけない。

その為のツールだから。

 

便利になるほど、息苦しくもなる。

だったら、多少不便でもいい。

 

電話なんてまさにその典型的な例で。

「電話なんてかけてくるな」みたいな人いるということは、便利さが面倒になっているのだ。

 

チャットツールはいらない。好きな人とだけチャットできればいい。

電話と同じように、チャットツールも相手の時間を拘束しているのだから。

 

とは言え、間口を広げないとビジネスにつながりにくいので、チャット大歓迎なのだけど。

 

 

LINE BOTを作ろう!  Messaging APIを使ったチャットボットの基礎と利用例

LINE BOTを作ろう! Messaging APIを使ったチャットボットの基礎と利用例