ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

だから注意されなくなる

誰かに何かを指摘するとき。

誰かを指導するとき。

誰かに注意するとき。

 

往々にして体力を使うし気を遣う。

 

ということは、あまり注意されるようなことをしないほうがいい。

注意するレベルが低かったり、相手自身のクオリティが低かったら注意すらしなくなる。

 

注意をするときは体力を使うから。

面倒だから見て見ぬ振りをする。

 

見て見ぬ振りをしたあとは、シャットアウトする。

関わらないように、わざわざ絡むこともない。

 

注意されないと気付かない人が、注意されなくなる。

 

いつの間にか、周りから邪魔者扱いされる。

その時点で気付けばいいものの、さらに気付かないから悪循環に。

といっても、本人は気付いていないので問題がないのだろう。

 

それが閉ざされたコミュニティであればあるほど問題になるので、さっさとどうにかしたい。

 

結局はいないものだと思って扱うようになる。

「あの人はしょうがないよ」と言われるようになる。

注意されてるうちに直したほうがいいだろうし、そもそもレベルの低いことはしないほうがいい。

 

僕の常識は、彼に通じないらしい。

 

 

やる気と能力を120%引き出す奇跡の指導法

やる気と能力を120%引き出す奇跡の指導法