ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

期日に追われるのは「段取り不足」か「自制心の無さ」か

やべぇ、納品がギリギリじゃん。

 

となる人は意外と多い。

〇〇日まで、と言われたときに、いつまでにやりきるのか。

分かりやすく言えば、夏休みの宿題は、さっさとやってしまうのか、ギリギリに急いでやるのか。

 

ギリギリだけど順調な人もいるが、ギリギリで慌てふためいている人は、次のどちらかだ。

 

「段取り不足」か「自制心の無さ」

 

段取り不足は、作業工数が見積れない人。

もしくは、他の調整ごとをうまくできない人。

3時間で終わるだろう、1週間で終わるだろう、と思っていても、実は準備や検証に膨大な時間がかかってしまって、結果的に慌ててしまう。

 

トイレットペーパーの芯を使った工作をするときに、工作自体は3時間で終わるとしても、トイレットペーパーの芯を集めるのには数ヵ月かかることもある。

 

また、目の前の業務に限らず、友人との約束や家事、移動時間などの段取りが下手な人もいる。トータルで準備不足、段取り不足であれば、期日に追われてしまう。

 

 

その一方で、きれいに予定を組んでいてもうまくいかないことがある。

それが「自制心の無さ」だ。

自分の環境や実力をしっかりと理解していて、作業Aには3時間かかると冷静に段取りできているのに、それを遂行する能力がない。

 

テレビを見たり、ツイッターを眺めたり、おやつを食べたり。

楽なこと、やりたいことに逃げてしまう人。

 

そうすると、期日だけがどんどん迫ってくるので、結果としてバタバタと慌ててしまう。

 

 

つまり、モノゴトをきれいに進めていくには

・丁寧に組まれた段取り

・それをやり切るだけのパワー

の両方が必要になる。

 

自分がうまくいかないのはどちらが原因なのか。

段取り不足か、自制心不足か、それとも両方なのか。

 

今の自分に足りないものを、うまく穴埋めしていくことで、次の一歩を踏み出せるようになるのだろう。

 

 

こいつできる! と思われるいまどきの「段取り」

こいつできる! と思われるいまどきの「段取り」