ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

尾道駅の親切なアナウンス

たけさんぽに誘われて広島県は尾道までやってきた。

ちょっと時間があったのでホームで一休み。

 

ぼーっとしている中でも気付くことはたくさんある。

思った以上に通過列車が多い。

通過列車は貨物列車だ。

山陽本線にもなると、貨物の運搬需要がたくさんあるのだろう。

 

その他に気付いたこと。

それは車窓アナウンス。

 

尾道駅を出ると、〇分後に~~と、車窓の見どころをアナウンスしてくれる。

しかも駅の放送設備で。

2番線に列車が参ります、黄色い線の内側まで~~~というアナウンスと同じ設備、テンションで、向島や造船所のアナウンスをしてくれるのだ。

 

観光要素が強い駅だからなのか、本当に親切だからなのか。

列車接近チャイムもブザーやベルではなく、音楽になっていた。

 

岡山、倉敷では気付かなかった。

それが広島に入ると、福山や尾道では音楽で列車の接近を教えてくれる。

 

それぞれに、それぞれの特色がある。

もし尾道で育っていたとしたら、列車接近の音楽を聴くだけで、懐かしさが蘇ってくるのだろう。

 

駅によって、こんなに違うものなのか。と。

また一つ賢くなった。

 

 

尾道、食べさんぽ。: 坂と寺と映画の町を食べ歩く

尾道、食べさんぽ。: 坂と寺と映画の町を食べ歩く