ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

いつも思う「楽しいこと」の書き方が分からない

楽しいことって自己完結する。

優雅に海に浮かんでいる気分。

 

めっちゃ旨い焼き肉を食べて思うことは「旨い」だけ。

 

それが言えたら満足してしまう。

100%全部の気持ちで「旨い」と言えれば。

 

逆に不味い店だったら。

あーだこーだと悪いところ探し、あら捜し、揚げ足取り。

なんてことをするだろう。

 

でも、おいしい焼き肉屋さんに言ったら「旨い」しかないんだよ。

 

問題はそれだけだと、記事として面白くない。

記事としての面白さを求めるなら、心情の変化やお店についての情報、焼き肉の豆知識を載せたほうがいいだろう。

 

おいしかった、楽しかったとき、そこまで載せるだけの気持ちが余ってないのだ。

ただただ「旨い」と言いたいだけ。

 

余韻に浸っていたいのだ。

 

それを無理やり現実に戻すのももったいない。

不味い焼き肉屋さんなら、現実に引き戻してほしいけれど。

 

楽しいことを「楽しい」と伝えることの難しさ。

楽しいことを「楽しい」と書く熱量。

楽しいことを「楽しい」と書けるようになりたいのだけれど。

 

もっと自分に素直になりたい所存。

 

f:id:acogale:20180521195945j:image