ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

エクセルを保存するとき、一番左のシート、セルの選択はA1でお願いします

こんにちは、スズキです。

仕事で、20枚くらいシートがあるエクセルファイルを使います。

各種データを貼り付けてクライアントに提出します。

 

職場の先輩に言われました。

「スズキくんさ、たまに『ドゥルドゥルドゥルドゥル、ッターン』ってやってるけど、何をしてるの??」

 

それは、エクセルの選択セルを、A1に移動させているのです。

Ctrlキーを押しながら、カーソルキーの「←」と「↑」を交互に押す。

そうすると、空白セルはスキップされ、どんどん左上=A1セルに動いていくというわけです。

これが、「ドゥルドゥルドゥルドゥル」の部分。

 

で、「ッターン」の部分は、ページUP/DOWNキーを押しているとき。

Ctrlキーを押しながら、ページUP/DOWNキーを押すと、隣のシートを選べます。

 

ということで、一連の流れを言うと、

Ctrlキーを押しながら「←↑←↑←↑←↑←↑←PageUp、←↑←↑←↑←↑←↑←PageUp、←↑←↑←↑←↑←↑←PageUp、←↑←↑←↑←↑←↑←PageUp、、、、」

という作業をするわけです。

 

別にマクロを組んでも、アドインでそれやってもいいけれど、これを手作業でやる。

その時に、シートごとの間違いがないかチェックする。

シートは、地域別で分かれているだけなので、基本的には同じようなことが書いてあります。

前後のシートと比較して、日付の間違いがないか、値の間違いがないかをチェックします。

 

エクセルで保存するときは、一番左のシート、選択セルはA1でお願いします。

そこにカーソルを持ってくることで、「この資料の編集は終了しています」という意思の表れだと思っています。

 

違うシートや、違う場所のセルを選択しているのは作業途中ということ。

そこから作業再開するという意味です。

 

というのが、僕の中での勝手なルール。

それに合わせて頂けると、非常に助かります。

 

申請書系の書類とかね。

どうしてそこを選択したまま保存した!!!

という資料、たくさんありますよね。

 

書き始める箇所が明確で、そこに合わせているのならまだいいけれど。

ご自身が編集したであろう表の右下あたりとか、適当にクリックしたであろうど真ん中の変わった場所とか。

意図が無いのであれば、ぜひA1を選択して保存して頂きます様、お願い申し上げます。

 

あとは、保存形式を「*.xlsx」で。

もういいんじゃないですかね、「*.xls」じゃなくてもね。

古い申請書とか、改版改版しても、ファイル名(形式)はそのまま、、、、ってことが多いんですよ。

 

できる大事典 Excel 2016 Windows 10/8.1/7 対応 (できる大事典シリーズ)

できる大事典 Excel 2016 Windows 10/8.1/7 対応 (できる大事典シリーズ)

  • 作者: 尾崎裕子,日花弘子,できるシリーズ編集部
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2016/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る