ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

残念な会社員フリーランスの特徴3つ

ここ半年ほどで、フリーランスや経営者層の人との付き合いが増えています。

経営者といっても、従業員10名未満の小規模な会社です。

感覚としては、フリーランスに近いものがあると思っています。

 

20年以上もフリーのデザイナーとして働いているベテランや、新米フリーランスの方、会社員との両立をしてみえる方。

一概に"フリーランス"と言っても幅があるんですよね。

 

さて今回スポットを当てるのは、会社員&フリーランスの方。

雇われの身として給料をもらう一方で、お小遣い程度の収入を得ている方です。

 

年齢は25歳~30歳くらいで、副業をしている会社員。

仕事をもらったり、仕事をお願いしたりするのですが、あまりにも残念な人が多いのが特徴でした。

 

 

残念な会社員フリーランスの特徴

お付き合いする中で、特に会社員フリーランスに多いのは次の3つでした。

  1. 他人の意見を受け入れる余裕がない人
  2. 1から10まで説明しないと動けない人
  3. 自分の"できる"レベルを見誤っている人

 

この問題を説明する前に。

会社員フリーランスには2通りのパターンがあります。

  • 自分の得意分野をお金に換えてみたい
  • 会社を辞める為の準備

前者の場合は、好きなことがたまたまお金になったパターン。

後者の場合は、会社員が嫌になったパターンです。

 

1. 他人の意見を受け入れる余裕がない人

まず、他人の意見を受け入れる余裕がありません。

知識でマウントしようとします。

 

口癖や

「つまり〇〇ってことですよね」

「知ってます、知ってます」

「それは常識ですよね」

 

相手の話を聞いているかと思いきや、自分が相手と同じレベルにいるんだぞ!!!と必死にアピールしているんです。

それが、彼/彼女の専門分野ならまだしも、何を言ってもマウントしたがります。

 

相手の意見を冷静に受け入れることができないんです。

 

2. 1から10まで説明しないと動けない人

お取引先さまは上司ではありませんので、こと細かく教えてくれないです。

そこを汲み取って、大人な付き合いができるのが"外注"としての仕事スキルです。

 

そんな彼/彼女の口癖は

「そんなの聞いてません」

「これはどうしたらいいんですか」

「言われてなかったんで」

 

一方的になるのはダメですが、1から10まで説明しないとできない人は、フリーランスに向いていませんよ。

 

稼げるフリーランスになるためには、

1~2の情報を伝えることで、12~15くらい考えて、クライアントに提案します。

 

その分野に詳しいから、得意だから外注されることがあるのに、言われた通りにしかできないなら、外注する必要はありません。

 

3. 自分の"できる"レベルを見誤っている人

最後は、これ。

ハッタリ営業が否とは言いません。

が、言ったことは責任を持ってやりましょう。

 

初心者だとしても、取引になる以上、プロのクオリティが求められます。

「ライティング(書くこと)が得意です」

「写真撮影が得意です」

と言っても、それは客観的に見ても評価されるものでしょうか。

 

そのレベルか、、、、と思われた瞬間、次からの発注は来なくなります。

あなたが副業だろうが、本職だろうが関係ありません。

「請けた業務をこなす」という当たり前のことなのです。

 

クライアントから見た会社員フリーランス

さて、そんな残念な人が多い会社員フリーランスですが、クライアントからの評判も良くないですよ。

「どうせ本業じゃないんでしょ」

「片手間にやってるんじゃないの?」

と言われることもしばしば。

 

だからこそ、より高いレベルのもの、もっとガッツやパワーが必要になるんですよ。

都合のいい人と思われないためにも、もっともっと精度を上げていく必要があります。

 

なぜ、残念な会社員フリーランスが多いのか

会社を辞めたくて副業フリーランスをしている人。

つまり会社が嫌なんですよ。

 

残念なことに、会社から正当な評価をされていなかったり、居場所がなかったりして「辞めたいなぁ」と思っている人が多数います。

"会社"という枠の中で本領発揮できていないわけです。

 

そのあなたの”できるレベル"は果たしてどれくらいなのか。

 

クソみたいな上司が原因のときもありますが、彼/彼女自身の問題が大きくあります。

「会社が~~~~」

「上司が~~~~」

と言う人は、どれだけ会社で頑張ってきたのでしょうか。

 

人のせいにすることが好きな人、他責の人はフリーランスになっても変わらないでしょう。

愚痴しか言わないですよ。

 

フリーランスで成功するのか??

フリーランスで大事なことは2つ。

  • 自責
  • 自分PDCA

全ての責任は自分にあるという気持ち。

予防線は自分で張らないと、誰も守ってくれません。

 

自分を客観視して改善し続ける、PDCAし続けることが大事なんです。

 

上司が評価してくれていた、会社が評価してくれていた。

そういう場から外にでるなら、1から10まで自分でしなければいけないんですよ。

 

 

会社で認めてもらえないから、どこかで頑張ってみたい。

その気持ちは大事ですけど。

無理にマウントしたり、大きく見せたりすると、あとから痛い目を見ます。

 

副業することで前進していけるように、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

稼げる!  自分に合った副業が必ず見つかる!  副業図鑑

稼げる! 自分に合った副業が必ず見つかる! 副業図鑑