ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「もう限界」と思うとき、それは精神的なものではなく、無駄を排除したいだけだった

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

 

イライラが溜まると「もう限界や」と思うときがあります。

限界が来たとき、精神的にいっぱいいっぱいなときもあるでしょう。

でも僕の場合は違いました。

 

こんな無駄なことに時間や体力を使うのはもう限界だ

と思ったのです。

 

時間も体力もお金も有限。

ゴールがある中で、何にどれだけパワーを使うのか、それを決めるのが人生の面白いところ。

 

そのバランスが崩れると、思いもしない方向へ。

いつの間にかハマってしまうことがあります。

 

少しずつ、おかしいな、こんなはずじゃなかったのにな。

と思うことで、理想と現実の乖離が見えてきます。

 

このまま、ここに力を注いでよいのだろうか。

と思ったとき、限界を感じてギブアップしてしまうんです。

 

気持ちは正常、元気いっぱい

もう限界だけど、それは損切りをしただけに過ぎず。

何かが崩れてしまったわけでもなく。

決心をしただけにすぎない。

 

一旦、損切りをしてしまうと、我慢してきたものが溢れてきてしまう。

それまでの諸々が一気に溢れて雪崩のように迫ってくる。

というのが結論でした。

 

心機一転、頑張っていきたいものですね。

 

 

自分の中に孤独を抱け (青春文庫)

自分の中に孤独を抱け (青春文庫)