ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ランチを食べに行ったら、旧友に会えた話

普段は弁当を持参するけれど、今日は珍しくランチに行った。

上司、同僚に誘われて、から揚げ定食を食べに行った。

www.yare.style

 

その帰り道、偶然すれ違ったのは、古くからの友人だった。

たまたま歩道ですれ違っただけ。

ランチを食べに行ったら、旧友に会えたのだ。

 

8年ほど前の出会い

彼と仲良くできたのは偶然だった。

当時、彼は大学生、僕は社会人。

協力会社でアルバイトをしていたのが、彼だった。

ただの協力会社のメンバーとしか思っていなかったけど、何度か会うことがあった。

たまたま彼が通っていた大学と、僕が高校を出て働いていた職場が近所だった。

 

ある日、セブンイレブンで彼と再開したのだ。

家が近所、同い年だということ、お互いに気を遣わなくてよい環境だったこと。

良い条件が揃っていたのか、グンと仲良くできた。

彼が大学生から社会人になったあと、僕も引っ越しをしたり職場が変わったこともあり、疎遠になるのだ。

 

SNSが今ほど流行っていない時代。

もっぱらEメールと、電話で関係をつないでいたのだけど。

 

躊躇してしまった自分

今日、道ですれ違ったとき、声をかけようかどうしようか、一瞬ためらってしまった。

何か悪いことをしたわけじゃないけど、過去に戻るのが怖かった。

迷ったけれど、声を掛けることができたのは、チャンスは何度も巡ってこないと気付いたから。

 

散々、ブログやツイッターで「さっさとやれ!」なんて自分で行っておきながら、一歩踏み出せない自分は情けない。

と思ったから、とにかく声を掛けた。

声を掛けて、挨拶して、連絡先の確認までできた。

昔の僕だったら絶対にできない。

「嫌われたらどうしよう」と思って、一歩踏み出せなかった。

いつの間にか、僕自身が成長していたようです。

 

もし声を掛けていなかったら。

「あのとき、どうして声を掛けなかったんだろう」と、悩み続けることになるから。

そんなことを考えるようになりました。

 

再開も偶然だった

そんな彼との再会。

僕がたまたまランチに行っていたから。

いつも通りお弁当を食べていたら、すれ違うこともなかった。

彼が出張に来ていなかったら。

すれ違うこともなかった。

 

お互いのオフィスが徒歩圏内になかったら、一生会わなかったかもしれない。

いつの間にか彼は東京へ転勤になっていた。

たまたま出張で名古屋に来ていたとのこと。

 

過去も今も未来も大事

久しぶりに会いたいなぁと思う人がたくさんいる。

連絡先が分かる人、連絡先も知らない人、たぶんここに行けば会えるかなという人。

過去の出会い、過去の自分を引きずるわけじゃないけど、今の自分を確かめるために過去の仲間には会いたいと思う。

 

そういう接点が増えるようにブログを始めたのを思い出した。

ふと、スズキのことを思い出してくれた人がいたときに、ちゃんとここにいるよ!!とアピールしたかた。

 

ありがたいことに、過去の大事な人に会うことがある。

自分の過去を知ってくれている人がいるだけで、生きる励みになるから。

オレ、ここにいるぜ!!!って、もっとアピールしていきたい。

 

 

その幸運は偶然ではないんです!

その幸運は偶然ではないんです!

  • 作者: J.D.クランボルツ,A.S.レヴィン,John D. Krumboltz,Al S. Levin,花田 光世,大木 紀子,宮地 夕紀子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 単行本
  • 購入: 12人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (37件) を見る