ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

追われないとやらない性格を何とかしたい

ブログを毎日書いているけど、時間があっても1日1記事しか書けなくなった。

1時間で1本書けたとして、2時間あったら2本書けるのか、といえばそんなに上手くいかない。

 

作業密度が半分になり、2時間で1本になる。

かといって、15分しかない中で書き上げる1本は、残念な1本になる。

 

自分の中で、ちょうどいい時間をうまく見つけると、パフォーマンスが最大化するのだけれど。

それを倍にしたところで、やる気がおきないのか、前に進まない。

 

ギリギリに追われているとちょうどいい。

やべぇやべぇって走り続けているのが楽しい。

 

1ヶ月に2日間、何も予定を入れない日を作った。

こまごました雑務をこなす日。

 

その日が終わると、いつも残念な気分になる。

フラットでゆっくりできる日は、嫌いなようだ。

デコボコ道でも走っているほうがいい、あまり休むのは好きじゃないらしい。

 

会社しか居場所がないときは、社蓄になっていた。

それが、ちょっと外にも居場所ができると、そっち方面で突っ走るようになった。

 

走りながら自分自身を追っていた。

それがちょうどいい。

 

心地いい反面、ちょっと精神的に辛いときもある。

頭の中で、やらなきゃいけないことがぐーるぐるぐーるぐるしてる。

ずっと気持ちがONなのも、ちょっと疲れるんですよねー。

 

休みがあっても疲れるし、動いていても疲れる。

ということは、疲れるという概念が違うのかもしれない。

 

追われる生活が終われば、まったりした日々になる。
ワクワク感が減るかもしれない。

 

今のままでも楽しいけど、ちょっと大変な時期もある。

 

なるようになると思って、今日も走り続けよう。

そろそろ本当に走りたい、マラソンとかジョギングとか、水中歩行でもいいかもしれない。

 

 

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)

  • 作者: ハイラム・W・スミス,Hyrum W. Smith,黄木信,ジェームス・スキナー,James Skinner
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2009/11/16
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る