ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

記録から発信へ

自分のこと。

記録を発信していてもダメ。それは発信ではない。

発信することを発信しなければ魅力的ではない。

 

内省のツールなのか、内省をしたあとに発信するツールなのか。

わずかな違いですが全く違うものになる。

ようやくペルソナ設定が大事だという意味がわかった。

 

ペルソナを自分自身にしてもよいけど、それは自分ではなく自分自身のような人のこと。

もしくは過去、未来の自分のこと。

今の自分にそのまま置き換えても、ふわっとしたままで終わってしまう。

 

 

今からやっていくこと、改善していくことが正解かどうかは分からない。

分からないけどやっていくことが、PDCAの一つになるのでは、と考えている。

1年ほど前にも書いたような気がするけど。

 

できる人のアドバイスは素直に聞き入れたほうがいい。

自分自身で試行錯誤したら、結局はそのアドバイスに行き着く。

その試行錯誤が大事だという意見もあるけれど、もっと素直にアドバイスを取り入れておけばよかった。

と思うことのほうが多い。

 

 

自分の好きなようにやって、それを続けて、行き詰って、悩んで、ようやくアドバイスのことに手をつける。

この間隔をもっと短くすれば着実に成長できたのかもしれない。

 

今の自分は記録したいだけ。

そのスタイルが悪いわけでも劣っているわけでもない。

記録から発信に変えていくには。

 

開けた場所に記録するだけでは、発信にならない。

色んな手段を使って、アピールすることも大事なんだけどね。

そこまでできていないのが現状なのさ。

 

モヤモヤしはじめてどれくらいたつだろうか。

とにかく足踏みが続いているような状態。

それを解消するには何をすればいいのか。

まずは外向きのパワーを出していこう。

 

ということ。