ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

人と出会うことで、10倍にも100倍にもパワーをもらえる

 こんにちは、スズキです。

人と会うことはいいことだ。

 

やっぱり顔と顔を合わせることで、何倍にもなって自分に返ってくる。

そんな経験ばかりしてきました。

 

キッカケは本題以外にあり。

本題が終わったあとの余韻。

その余韻からたくさんの学びをもらうことができた。

目的以外のところから、雑談から多くのアイデアや気付きをもらうことができた。

 

人に会うというのは、そこに利点があるのだろう。

距離があり、時間もかかる。

すぐには会えないし、相手の雰囲気もつかめない。

 

そんなときだからこそ、相手のことをいっぱい考えるのではないだろうか。

お土産に持っていくアレは気に入ってもらえるだろうか。

早く会いたいな、目的地に迷わずにつくかな。

 

手間がかかる、面倒だ。

だからこそ、それを乗り越えたときに"ありがたい"と感じるのだ。

毎日会えるようになれば、別に苦労しない相手であれば、いつの間にか雑な扱いをする。

距離や時間が、じっくり考えるだけの余裕を作ってくれているのだ。

 

 

人が集まるところに行くことで。

人が集まるところに行けば、何かしらの刺激をもらえる。

好きな気持ち、嫌いな気持ち。

相手が生身の人間だからこそ、より強烈な印象を受ける。

 

五感をフルに使って、自分自身で感じることができる。

言葉のイントネーション、表情、しぐさ。

そういったものの情報量を馬鹿にしてはいけない。

 

LINEやチャットで意思疎通を図るのは難しい。

主語が誰か、冗談っぽく言っているのか、急いでいるのか、悲しいのか嬉しいのか。

判断に迷うことがある。

顔を顔を合わせたところで、判断を誤ることもあるのだ。

 

だからこそ、チャットだけで、電話だけで相手との意思疎通を図るのは非常にハードルが高い。

だからこそハードルを下げるためにも、人と会うほうがいい。

その分"会いやすさ"というハードルが上がるのだけれども。

 

 

握手をしたり、抱き合ったり。

そういう手に触れる感触も忘れたくない。

手が大きい人、柔らかい人、しわしわの人、激しく握手する人。

その人が生きてきただけの年月を感じることもできるから。

 

自分のことを認識するためにも、生身の人間というのはいいものだ。

もっとたくさんの人と出会って、その違いを感じたいと思うのである。

「ここに生きているよ」ということが実感できる。

その実感できることが、自分自身のエネルギーになるしパワーになる。

 

目で見て、耳で聞いて、肌で感じて。

そうやって、生の、本物の人にあうことで、たくさんパワーをもらってきたのだ。

f:id:acogale:20170313174221j:plain