ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

正論ではなく、相手がどう思うかを考える、褒めちぎって成長させる方法

昨年、渋谷のBOOK LAB TOKYOで開催されたトークセッション。

ゲストは株式会社ボーンレックスの室岡社長。

そのときから、フェイスブックやブログを見ているのだけど。

久しぶりにブッコまれた記事があった。

 

www.bornrex.com

指導者には2通り

  • お前はできないヤツだ!!!と言い、這い上がってくるのを待つ
  • とにかく褒めちぎって育てる

僕は前者のほうが好き。

 

ただ、室岡氏はなんと言ったか。

前者の場合

相手が得られるものは「絶望感」と指導者への「不信感」だ

確かにその通り。

欠点を指摘して、それを相手が受け入れたとしても、成長へのバネにはならない。

 

前向きな気持ちを与えるほうが重要なのだ。

欠点を認識してもらうことは大事だけれど、それ以上に長所が伸びればいい。

欠点がカワイイものになればいい。

 

欠点を埋めていくのは、上限が見えている。

伸びしろたっぷりに生きていくには、どんどん得意を伸ばせばいい。

 

また学ばせてもらった。

ありがとうございました。

 

 

部下も気づいていない「やる気」と「能力」を引き出す 教え方 (アスカビジネス)

部下も気づいていない「やる気」と「能力」を引き出す 教え方 (アスカビジネス)