ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

明らかにインプットが減っている

ずっと使っているノートがある。

アピカの紳士ノート。

 

一番前に書いてあるのは2017年2月27日に開催されたトークセッションのメモ。

ということは、このノートを使い始めて1年以上が経ってしまった。

 

これは明らかにインプットが減っている。

3ヶ月、半年くらいで使い終わる予定だったのに。

インプットの現象が、今の自分のモヤモヤを引き起こしているのかもしれない。

 

慣れと過信

 

いつの間にか慣れていること。

回を重ねるごとに、いつもどおりのビジョンが見える。

とたんに手を抜く。

 

本来なら慣れることで本質にリソースを割くことができるのではないだろうか。

クオリティを上げられる環境なのに、手を抜いてしまうことでバランスをとっていた。

 

交流会があるのに名刺を用意していない。

事前に出されていた課題をスルーする。

登壇者、参加者のツイッターなどをチェックしない。

 

それに変わるネタや作戦があるならいいけど、そうでないとしたら。

ただクオリティが落ちているだけ、それに早く気付こう。

もしくは、その程度でしか考えられないのであれば、参加しない、行かない、考えないという選択肢も。

 

本当に自分が求めているものは何だろうか。

この場を求めているのだろうか。

改めて考える必要がある。

 

とはいえ、インプットが大きく減っているのは事実だから、それを補わなければならない。

本を読む、話を聞く、目で見る、手で触る、体験する。

 

ルーチンワークになっているインプットがあるなら、見直す必要がある。

習慣化することは苦にならない。

だから変に習慣化してしまっているのだろう。

 

習慣化をやめるのも、「やめなきゃ」ということに気付かなければいけない。

最近はインプットが少ない習慣になっている。

バランスが悪い。

 

また新しい風を呼び寄せるために。

違ったことをしていこう。

もう一度、Kindleに頼って、インプットを始める。

 

 

アピカ プレミアムCD ノート 方眼罫 A5 CDS90S